お風呂の蛇口交換について

お風呂の蛇口交換では、一般的にお風呂場にある給水口を他の物に変更します。通常の給水場所の蛇口の他にも、シャワーヘッドなどの給水口も交換の対象になります。

交換が必要になるのは、経年劣化により蛇口が損傷している場合や、リフォームなどに合わせて周りの環境を変更したい場合が多いです。以前はお風呂場の環境は余程のことがない限りは取替えることはなかったのですが、現在はリフォーム環境の充実や節水意識の高まりにより、蛇口交換も一般的な方法として普及してきています。

比較的安い費用で作業も簡単に行なう事ができますので、個人で行なうことも可能ですし、取り換えに必要な用具もホームセンター等で入手することができます。

お風呂の蛇口交換を行なう利点は損傷箇所の問題の解決だけでなく、お風呂場の環境を変える事ができることです。新しい物は周りの環境を明るくしたり印象を変えることができ、種類によっては水の出力方法を変えたり節水効果を得られるというメリットもあります。

個人で行なう事が困難な場合や他のリフォームも同時に行いたい場合は、専用の業者に作業代行を依頼する方法も有効です。作業代行を依頼する場合は、事前にどのような種類の蛇口にしたいのかよく相談して決められることをおすすめいたします。

修理が簡単なお風呂の蛇口の種類と修理方法

お風呂は水を使う場所ですので、蛇口から多少水漏れしていても、あまり気にならないかもしれません。しかし、放置しているとますます水漏れがひどくなりますから、早めに修理するようにしましょう。

風邪といっても症状によって薬が変わるのと同じで、蛇口の水漏れといっても症状によって修理の方法は変わります。自分で簡単に修理が可能なのは、「2ハンドル混合水栓」というタイプで、水とお湯、2つのバルブハンドルが付いた蛇口です。

まず、症状を確認します。一番多いのは「蛇口を閉めてもポタポタと水が止まらない」というもので、他には「蛇口を閉めても空回りして閉まらない」というものもあります。どちらの症状も途中までの作業は同じですので、順に説明していきます。

まず、作業の前には必ず、水道の元栓を閉めに行きましょう。元栓が閉まれば、次はバルブハンドルを外します。ハンドル上部にあるキャップを外すと見えるプラスネジをドライバーで緩めていくと外れます。

その後、キャップナットをモンキーレンチ(ナットの形状によってはプライヤー)などで緩めると、中からスピンドルと、その下にあるコマパッキン(ケレップ)が出てきます。先程の症状で、「ポタポタと水が止まらない」水漏れの場合には、コマパッキン(ケレップ)を交換します。

「蛇口を閉めても空回りする」水漏れの場合には、スピンドルを交換します。もちろん、開けたついでですし、部品代もそこまで高いものではありませんので、両方共交換しても構いません。交換が終われば逆の手順で元に戻します。

最後に水道の元栓を開けて、水漏れがないことを確認したら終了です。さて、今回修理方法をご紹介したお風呂の蛇口は「2ハンドル混合水栓」でしたが、これ以外のタイプは簡単ではありませんので、水道の修理サービス業者などに依頼するのがおすすめです。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978