シャワーの水漏れの原因について

入浴の際にはほとんどの方がシャワーを使用されていると思います。シャワーは水やお湯を流しているのだからそれほど汚れないと思っておられる方も多いかもしれませんが、意外と汚れや劣化は起こっているのです。

シャワーを使おうとしたら、シャワーヘッドから均等に水が出なかったり、シャワーを止めてもシャワーヘッドやシャワーの根本の接合部から水がポタポタもれるというような症状が出ることがあります。

ヘッド部分の問題としては、シャワーの水が出る穴の部分が詰まったり損傷することで、水がヘッド部分まで来ていてもうまく出水されなかったり、偏った出方をすることがあります。

このような場合には、シャワーヘッドの穴が開いている部分を取り外してお掃除して詰まりを解消したり、新しい物と交換することで改善できますが、水漏れの場合は、パッキンの劣化やシャワーの根本の接合部分、ホースの問題などが考えられます。

シャワーの汚れや劣化は、水の勢いを弱くしたり、穴が塞がったように出る箇所が減るようになったりします。これは、内部の故障や詰まりにより、余計な水漏れが発生しているのが一因です。

こうなると、水量が少なくなる分、洗い流す時間も多く必要になりますし、それにともなって水道代も上昇してしまいます。シャワーからの流量にもよりますが、15分程度出しっぱなしにするだけで、お風呂を満たすほどの水が出て行くケースもあります。

そのため、シャワーの水漏れを放置することは、水道代がかさむ原因にもなってしまいます。もし、単なるシャワーヘッドの劣化であるならば、そこだけを簡単に交換することが可能です。ほとんどの場合、捻って回すだけで外して、付け替えることができます。

新しいヘッドの中には、節水を謳うものもありますので、こうした製品を採用すれば、水道代の削減も期待できます。こうした処置を行っても状況が改善しないとすれば、水道管などの水漏れが予想されます。そのようなケースに陥った場合は、早めに専門業者に相談することが大切です。シャワーの水漏れはしっかりと直して、適切な水道代を維持していきましょう。

シャワー の水漏れの基本的な直し方

基本的な直し方としては、まずは接続部分のナットを締めてみるとよいでしょう。接続部分からの水漏れであれば、これだけで水漏れが直ることもよくあります。もし、ナットを締めても水漏れが止まらない場合には、今度はナットを緩めてパッキンを確認しましょう。

パッキンが劣化しているような状態であれば、ホームセンターなどで同じサイズのものを購入し、交換されるとよいでしょう。もしもパッキンに劣化が見られないという場合には、きちんと設置できていないことが原因で水が漏れている可能性がありますので、位置を修正して再度組み立てて確認されるとよいでしょう。

シャワーの水漏れトラブルでは、流量に問題が出たり水が無駄になるなどの害が出ることがあるため早期の対策が必要になります。水漏れに気付いたら、できるだけ早期に対応すること、そして対応後はしっかりと水漏れが止まっているか動作の確認をして、水漏れが長引くことのないようにしてださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978