お風呂で多い3つの水漏れと自分でできる修理法

お風呂で起こる水漏れで多いのは、次の3種類です。それは「シャワーホースとシャワーヘッドの接続部」、「カランとシャワーの切り替えハンドル」、「水やお湯を出すハンドル」ですが、それぞれ自分で部品を交換する場合の手順を簡単にご説明しておきましょう。

まず、1つ目に多い原因の「シャワーホースとシャワーヘッドの接続部」で水漏れしていた場合は、接続部に入っている「パッキン」が劣化している可能性が高いです。シャワーヘッドを手で持って、接続部分を反時計回りに回し、シャワーヘッドを外すとパッキンが出てきますので、このパッキンを交換します。

2つ目に多い原因の「カランとシャワーの切り替えハンドル」で水漏れしていた場合は、「切替バルブ」の交換が必要です。まず、切り替えハンドルの中央にあるキャップを、マイナスドライバーなどを使って取り外し、プラスドライバーでネジを緩めて切り替えハンドルを外します。

その後、カバーナットをモンキーレンチ(ナットの形状によってはプライヤー)などで外すと切替バルブの交換ができます。交換した後は、逆の手順で組み直せば完了です。

3つ目に多い原因の「水やお湯を出すハンドル」で水漏れしていた場合ですが、これは混合栓の種類によって修理できるかどうかが変わります。2ハンドル混合水栓の場合には、まず水道メーター付近にある止水栓ハンドルを閉めて水を止めます。

その後、ハンドルの上に付いているカラーキャップをマイナスドライバーなどで外し、プラスドライバーでネジを外してからハンドルを抜きます。次にハンドルしたのナットをモンキーレンチ(またはプライヤー)などで緩めてパッキン受けを取り出します。

一番下にコマ形パッキンが取り付けられていますので、このパッキンを交換してから、逆の手順にで元に戻していきます。これが2ハンドル混合水栓ではなく、サーモスタット混合水栓の場合は、修理するより交換するほうが安く済みますので、水道修理サービス業者などで交換を依頼されるとよいでしょう。

部品類の購入は、DIYの材料などが買える少し大きめのホームセンターなどで購入できますので、外した古い部品を持っていくと、材料選びの際に迷わずにすみますので安心です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978