ユニットバスの排水口が詰まって排水できない時は

ユニットバスで排水口が詰まると、水が流れにくくなり、やがては完全に流れなくなります。そうなる前に、「詰まり予防」と「定期的な掃除」、それと「詰まり対応」の3つを知っておく必要があるでしょう。では「詰まり予防」から見ていきます。

排水口の詰まりは、排水を流すパイプの内側に、お風呂で洗い流す体の油分や皮脂、髪の毛などがこびりつき、排水の通り道が狭くなってくるために起こります。そのため、「詰まり予防」としては、排水口につまりの原因が流れる前に、物理的に止める方法が有効です。

具体的には「台所の水切りネット」などに排水口の目皿(カバー)を入れて、そのまま取り付けるなどすれば、汚れた水はネットでこされてから排水口へ流れていきますので、詰まりにくくなります。

次に「定期的な掃除」ですが、目皿に溜まった髪の毛などを取り除くと共に、ゴミや髪の毛をキャッチするための網を取り外して、ゴム手袋を付けスポンジなどで排水口内部を掃除します。手を入れるのが嫌な場合は、歯ブラシや靴洗いブラシ、トイレ掃除に使うブラシなどを使うといいでしょう。

裏返してみると、ぬめりが付いて、網目をふさいでしまっていることがあります。ゴシゴシこすればキレイになります。それでも詰まりが解消されないならば、次はトラップが汚れていないかを確認します。石鹸カスなどで、ぬめりとカビの温床になっているため、排水の通り道が狭くなっている可能性があります。

見た目がグロテスクなので、苦手な方もおられるかもしれませんが、詰まりの原因を少しでも解消するために、手袋を付けて思い切って掃除しましょう。

最後に、「詰まり対応」です。トラップを掃除しても詰りが改善されないようでしたら、排水溝専用の洗剤を使用して、詰まりの原因となっている髪の毛などを溶かします。

これは詰まっているものによって変わりますが、まずは市販の「パイプクリーナー」を使ってみるとよいでしょう。まず排水口に1分間、40℃前後のお湯を流しておきます。その後、排水口にパイプクリーナー注ぎます。そして1時間放置して、パイプの中の汚れを洗浄したら、シャワーなどで排水口に水を流し、貯まっているパイプクリーナー入りのお湯を流してしまいます。

お風呂上がりにすると、排水口に既にお湯が貯まっている状態ですので、最初に行う「1分間お湯を流す」作業は省いても構いません。これを10日に1回行っておくことで、お風呂の排水口における詰まりの予防にもなりますし、少し流れが悪くなった程度の詰まりであれば解消することができます。

また排水口の詰まりの原因として、ヘアピンや詰め替え用シャンプーの切れ端などが流れて詰まっている場合は、物理的に取り除く必要がありますので、トイレ掃除に使うラバーカップや真空式パイプクリーナーなどを使用します。

詰まってしまった後は、原因によって対応が変わります。もしそれでも詰まりが解消されない場合は、業者に依頼する必要があるでしょう。一度プロに依頼して詰まりを完全に除去したあと、毎日の予防で詰まらないように使用するのが一番です。

ユニットバスの排水口は汚いイメージがあり、掃除するのが億劫な箇所ですが、詰まりを発生させないためには、定期的に専用の洗剤で掃除するなど、やはりこまめなお手入れが大切です。

ユニットバスの排水口はこまめに掃除しよう

お風呂場は、家の中でも特に湿気が多く、汚れもたまりやすい場所です。マンションや、アパートのユニットバスの場合は、排水口を詰まらせてしまうと下の階に住んでいる人にも影響してしまいますので、こまめに掃除することが大切です。

汚れを放置しておくと、髪の毛や、カビ、ごみが詰まってしまい、水の流れが悪くなる原因となります。排水口の掃除は、ふたをあけて、パイプの部分を丁寧に掃除することが大切です。専用の液体が市販されていますので、それを流し込み、一晩おいておくと、髪の毛や、ごみの詰まりが解消されます。

カビの予防にもなりますので、1か月に一度は、定期的にパイプの掃除を行うとよいでしょう。普段ユニットバスを掃除する時には、排水口まわりも掃除用の液体や重層などでサッとお掃除されておくと、汚れがたまらず臭いや詰まりを予防することに役立ちます。

汚れがひどくなり、パイプが詰まったり、流れが悪くなったりした場合は、まずは家庭用のパイプクリーナーを利用すると簡単にパイプの中を掃除してみられるとよいでしょう。

苛性ソーダと呼ばれる水酸化ナトリウムの入っているパイプクリーナーであれば、排水口内部の汚れを落とし、またクリーナーに含まれる塩素酸塩が共に詰まっている髪の毛などを融解して排水口の通りをよくしてくれます。

ただし、これらは劇薬でありますから、必ず使用法に注意して使うことが重要です。特に小さなお子様が居る家庭では使用に細心の注意を払ってご使用ください。

また、それでも流れがよくならない場合には、針金などの細長いものを使ってパイプの中を磨いていく方法もありますが、面倒ですし、手や周囲が汚れるのを不衛生だと感じられる方も多いでしょうから、専門業者に頼んで洗浄してもらうのもよいでしょう。

排水口の流れが悪くなり、詰まってしまっていて、下の階に水漏れが起きているような場合には、被害を大きくしないよう、すぐに水道業者に連絡し、対応をお願いしましょう。

定期的に汚れを落とすことで、詰まりや、におい、カビを防ぐことができます。毎日入るお風呂ですから、詰まりの原因となる排水口の汚れはこまめに掃除して、いつも清潔に保つようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978