ユニットバスの水漏れの原因と修理法

タイルやモルタルを使って壁や床を作り、浴槽をはめ込んでいたお風呂より、水漏れのリスクを少なくしたのが「ユニットバス」です。ユニットバスは、全体が大きな浴槽のようなものですので、大きな亀裂が入るなどがない限り、水漏れすることがありません。そのため、「ユニットバスで水漏れした」というのは、ほとんど「ユニットバスの蛇口からの水漏れ」です。

ユニットバスのバルブハンドルから、じんわり水が漏れてきていたり、ハンドルを閉めても蛇口からポタポタと水が止まらない状態になっている場合、水漏れは勝手には止まりませんが、原因によっては自分で直すことができる場合もあります。

まず、作業の前に水道メーターへ行き、メーター側にあるハンドル(止水栓)を時計回りに回して閉めておき、ユニットバスの蛇口から水が出ないことを確認しておいてください。

さて、どういった場合にすぐに直すことができるかというと「接続部が緩んでしまっている」ときです。この修理の難易度は「低」です。まず、モンキーレンチ(ナットの形状によってはプライヤー)を使って、六角ナットになっている接続部を増し締めし、緩んでいないか確認します。締める方向は時計回りです。このナットが緩んで、そこから水漏れが起こっている場合は、ナットを締めることで直すことができます。

六角ナットを全部締めても、なお水漏れが止まらないときは、それぞれの六角ナットの中にあるゴムパッキンが経年劣化している可能性があります。一度ナットを取り外して、中を見てみましょう。

この修理の難易度は「中」です。ゴムパッキンを交換すれば水漏れが止まります。パッキンは、ワッシャーのように平たく丸いのものから、独楽(こま)の形をしたものまで様々です。ゴムパッキンはホームセンターに売っていることが多いので、パッキン類が販売されていることを電話などで確認した上で、取り外したパッキンを持って買いに行きましょう。

比較的簡単に自分で水漏れを修理できるのは「2ハンドル混合水栓」

ユニットバスの蛇口といっても、その形状は様々で代表的なものは3つあります。

お湯と水の2つのハンドルがある「2ハンドル混合水栓」、1つのレバーハンドルを左右に回すことでお湯と水の割合を変え、レバーハンドルを上げ下げすることで吐水量を調整する「シングルレバー混合水栓」、自動温度調整機能付きの「サーモスタット混合水栓」です。

この3つの蛇口の中で、比較的簡単に自分で水漏れを修理できるのは、「2ハンドル混合水栓」です。この蛇口からの水漏れ箇所の多くはハンドルのすぐ下からの水漏れで、内部の「コマパッキン」を交換すれば直ります。

「2ハンドル混合水栓」のコマパッキンは、ハンドルの上にあるキャップを外して見えるプラスネジを緩めてハンドルを取り外したあと、六角形のキャップナットを外しスピンドルを取り出せば、その下にありますので、ホームセンターなどで購入した新しいパッキンと交換します。DIYがお好きな方なら、挑戦してみられるのもよいでしょう。

さてこれで直らない場合は、蛇口ごと交換するか、複雑な構造になっている蛇口の可能性が高く、修理の難易度が「高」となりますので、すぐに専門業者に連絡した方が無難です。

もちろん、最初から自分で修理する自信が無い場合も、すぐに専門業者を呼んでもいいでしょう。最後に自分での修理が終わったら、最初に止めた止水栓を開けるのを忘れないようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978