注意!キッチンの排水管に流してはいけないもの

排水管に油を流すのは厳禁です

排水管は汚れた水が流れていくパイプですが、だからといって何を流してもいいかといえば、そうではありません。もちろん排水を流す際、台所のシンクであれば食べ残しや食材カスなど、お風呂なら髪の毛など、比較的大きなものは、ゴミ受けや目皿、ヘアーキャッチャーなどに引っ掛かって止まりますので排水管を汚すことはありません。

しかし油は違います。油は自然に分解されることがありませんので、処理するためには時間と労力が必要になります。また、油は粘度が高く、冷えると固まる性質もあるため、排水管内に付着し、堆積して排水管の詰まりの原因となってしまいます。

見えるところの堆積物なら、除去するのも比較的簡単ですが、パイプの内部で詰まったものに関しては、専門の詰まり修理業者に依頼するしかありません。そのため、油は排水管に直接流さず、油汚れであってもウエスや古新聞などで、出来るだけ拭き取るように心がけましょう。

それでも油が原因で排水管が詰まってしまった場合には、市販の粉や液体、ジェルタイプのパイプクリーナーを使って排水管内を掃除していきます。排水管の詰まりがひどい場合には、パイプクリーナーを1度だけではなく、数回続けて使うと、徐々に改善されていきます。

またパイプクリーナーを使用する時に、多めのお湯をバケツやヤカンなどを使って、一気に流すと排水管の中の詰まりを改善するのに効果的です。しかし一番はやはり、油を極力流さないことです。排水管の大敵は油だということを、肝に銘じておきましょうね。

台所シンクに熱湯を流すと排水管が破裂する?

スパゲティーやうどんなどを茹でた後の茹で汁を、そのままシンクに流していませんか?お湯を流したときにシンクが「ボコッ」という音を立てたのを聞いたことがあれば、それは「熱湯」を流している証拠です。

意外と知られていませんが実はこれは非常に危険な行為なのです。シンクに流した熱湯は、排水口を通じて排水管に流れていきます。この排水管の材質は、塩化ビニールで、腐食にも強く耐久性がありますが、耐熱温度は60℃しかありません。そのため、熱湯を流してしまうと排水管が変形したり破裂したりする危険性があります。

実際、熱湯を流すまでにある程度温度が下がっていたり、排水管の配管経路によっては、熱湯が長い時間一箇所に滞在しない程きつい勾配があったりした場合には、排水管に異常が見られないケースもありますが、残念ながら変形や破損に至っているケースもありますので注意が必要です。

熱湯を流す際には、十分冷ましてから排水管に流すか、水で薄めて温度を下げてから流すようにしましょう。これは料理の時だけでなく、排水管の掃除を行うときでも同じです。

汚れを取るのに有効だからという理由で、60℃以上になるお湯を流すと、掃除しているつもりが、排水管を逆に痛めているだけになってしまいますので、排水管に流す熱湯には十分注意を払うようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978