流し台で多い水漏れの不具合と修理の方法

流し台を使っていて、経年劣化による修理が必要な部分は、「蛇口(混合水栓)」と、「排水ホース」、そして意外と知られていませんが「流し排水栓」(排水ホースとつながっていて排水バスケットやワントラップが入っている太筒)の3つです。

それぞれの場所と症状によって、修理の仕方は変わってきますが、よくある不具合と修理方法を各1つずつご紹介いたします。まず流し台の「蛇口」の不具合で多いのが、「レバーやハンドルを閉めてもボタポタと水が止まらない」というものです。

レバー式の場合は「バルブカートリッジ」、ハンドル式の場合は「コマパッキン(ケレップ)」を交換して修理します。交換修理を行う際には、止水栓を閉めて行わないと流し台周りが水浸しになりますので、注意してください。

次に流し台の「排水ホース」の不具合で多いのが、排水ホースの破れです。小さい破れであればビニールテープでも修理できますが、古くなっている場合は交換してしまうのがいいでしょう。まれに、排水ホースを引っ張り過ぎて、ホースが排水管から抜けていることが原因で水漏れしている場合もありますので、修理の前に確認しておくといいでしょう。

最後に流し台の「流し排水栓」の不具合で多いのが、シンクとの取り付け部分の隙間から水が漏れているケースです。この流し排水栓は、シンクを挟み込む形で取り付けられていますが、挟み込み部分のシンクの腐食や排水栓側のパッキンの劣化が水漏れの原因となります。

この場合は、修理というよりも排水栓本体を交換するのがいいでしょう。以上が、流し台における水漏れの不具合を修理する方法です。自分で修理してみても、修理できない場合は、プロの出張修理サービスに修理を依頼された方がよいでしょう。

排水ホースからの水漏れをチェックする3つのポイント

台所にある流し台の水漏れは、その症状によって対処の仕方が変わります。そのため、まず症状を明確にしましょう。確認するのは次の3箇所です。ではまず、流し台の前面扉を開けて、シンク(洗い物をする槽)の下から蛇腹のホースがあります。この蛇腹のホースは「排水ホース」といいます。

まず最初に「排水ホースとシンクの接続部分から水漏れしていないか」を確認してください。この接続部分から水漏れしている場合は、排水ホースのネジが緩んでいるのかもしれませんので、締め直してください。ネジは、上から見て時計回りに回すと締まります。

ここで間違って逆に回してしまうと、排水口のトラップに溜まった水が溢れてきますので、念のため下にバケツを置いて受けておくのがよいでしょう。接続部が流し台の水漏れの原因ではない場合、次は「排水ホースの破れがないか」を確認していきます。排水ホースを手で持って、目視で確認してください。

排水ホースが破れている場合、破れている箇所の汚れや水気を取ってから、ビニールテープを巻くと応急処置が可能です。排水ホースの破れが流し台の水漏れの原因ではない場合、最後は「排水ホースと排水管の接続部分が外れていないか」を確認します。まず、排水ホースが流し台の下へ潜っていく部分にある「排水プレート」を外します。

すると排水ホースの先に「防臭ゴム」が見えますので、これも取り外します。ここで排水ホースが排水管(塩化ビニールの配管)に差し込まれているのが正常な状態ですが、排水ホースが排水管から抜けて水漏れしていることがあります。抜けていた場合は、排水ホースを排水管に差してから、防臭ゴム、排水プレートと戻しておきましょう。

この3箇所を確認すれば、ほとんどの流し台の水漏れは直せますので、焦らず正確に確認してみましょう。それでもわからない場合は、プロの水道出張修理サービスに依頼される方が安心でしょう。

最後に、流し台の排水ホースを交換した後の注意点として、「決して余ったホースを途中で丸めたり曲げたりしないように」してください。その部分に、汚れが溜まり詰まりやすくなるだけでなく、熱湯や油が溜まるとホースが破裂することがあり危険ですので十分注意するようにしてくださいね。

流し台の排水ホースを交換する時に確認しておくべき事と交換手順

キッチンや台所にある流し台の排水ホースが破れたり、詰まってしまった場合には、次の点に注意して交換しましょう。まず、流し台の排水ホースには、いくつかの種類がありますので、同じ排水ホースを購入して用意するために、古い排水ホースを外しながら確認していきます。メジャーとメモ帳を置いて記録しながら進めていきましょう。

排水ホースは「1本もの」と「Y字型」の2種類があります。シンクが1つの場合には「1本もの」、シンクが2つある場合には「Y字型」となります。次に接続部の形は「ネジ式」と「差込式」の2種類があります。

「ネジ式」のネジは、シンクのサイズに合わせて46mmや59mmとタイプがありますので、古い排水ホースのサイズを測っておきましょう。「差込式」は接続部がラッパ型をしており、バンドで締めて止める形となっています。

差込口の径は切って調節できるようになっていますので特に径を測っておく必要はありません。排水ホースの長さは、色々ありますので、現状のホースの長さも測っておき、新しい排水ホースを購入する時には同じ長さのものを購入しましょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978