シンクに詰まりが見られた場合は要注意

キッチンの排水口は、野菜くずや残飯・油などで家の中のほかの排水口に比べると詰まりを引き起こしやすい場所だと言えるでしょう。油分や生ごみを流さないよう気を付けていても少しずつ溜まった汚れが詰まってしまうこともありますので、そのような時は、症状に合わせて詰まりの原因を取り除いていきましょう。

食後に台所で洗い物をしている時、水がなかなかはけずシンクに水が溜まってくるようになったら要注意です。そのような場合、多くはパイプにドロドロした汚れが詰まっている可能性があります。

ひどい油汚れが蓄積して固まると落ちなくなりますので、そのままにしていて詰まりが解消することはありません。そのまま放置しておくと悪臭が発生する原因にもなってしまいます。シンクに水が溜まってくるということは、かなりパイプが詰まってきているということですので、すぐにお掃除される事をおすすめいたします。

まず、水の流れが悪いけれども、まだ完全には詰まっていない状態の時は、排水口に重曹1カップを振りかけてからお酢1カップを注ぐか、パイプ専用のクリーナーを試してみてください。

どちらの場合も、2時間ほどおいてからしばらくお湯を流して、排水管の汚れやぬめりを流して汚れを落としていきますが、特に塩素系のパイプクリーナーの場合は排水パイプの内側にこびりついた汚れを溶かして通りを良くしてくれますから、流れていくのが遅い程度の軽い症状であれば数時間で解決することもあります。

汚れがひどく著しく流れが悪い場合には、一度ではそれほど詰まりが解消されないこともありますので、その場合は薬剤は数回にわけて使用した方が効果的です。また、薬剤を投入時した後に60℃以下のお湯を多めに注ぐと油が落ちやすくなりますので、汚れの状態に合わせてそういった方法も試されるとよいでしょう。

また、ホームセンターなどで売っているワイヤーブラシを使って、排水管内にこびりついた油や汚れを落とすのも、効果的な解消方法です。ただし、乱暴に行うと排水管に傷を付けてしまいますので、焦らず丁寧に、ゆっくりと排水口に入れていきましょう。

それでもまだ排水口のつまりが解消しないということになると、それはパイプクリーナーやワイヤーブラシでは除去できない物が詰まっている可能性があります。そのような場合には、物理的な方法で詰まっている物を除去する必要があります。

ご家庭でできる対処としては、シンクに水を溜めて水がなくなる前に排水口にラバーカップを押し当てて吸引し、ゴミを引き上げるという方法でつまっている物を除去する方法を試してみてください。購入される場合は、排水口のサイズにあったものをホームセンターなどで探してみてください。

使い方は、まずは深さ10センチくらいになるまでシンクに水をため、カップ部分を排水口にぴったり当てて、ギューッと押しつけてから、一気に引き上げます。何度か繰り返すと、水が引き上げられる力で、詰まっている物が動いたり、吸い上げられたりして、詰まりを取ることができます。

うまく解決できれば費用負担も軽くすみますから、まずはご家庭でできる上記のような方法で解決を試みてみられるとよいでしょう。

シンクに水が溜まることがなくなれば、おおよその詰まりは解消されたことになり、作業終了となりますが、台所で油を使用していくうちにまた汚れはついていくものですから、普段から水が溜まらないようにすることも大切です。

数日に1回でかまいませんので排水カバーにあるゴミ受けを掃除すること、食べかすなどを流さないために、排水口にネットをかぶせておくなどするだけでも詰まりにくくはなります。

そして定期的に市販の油を分解する薬剤を投入して油が固まるのを防ぐことも大切です。一旦固まってしまった油は、市販の溶剤で完全に取り去ることは難しいので、ご家庭で掃除してみても詰まりが解消されない場合には、水道業者に依頼し、専門的な道具や技術でしっかりとトラブルを解決してもらうことをおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978