流し台の詰まりを解消する3つの方法

流し台の詰まりの原因の多くは、シンクの下にあるビニールでできた蛇のような「排水ホース」にあります。この排水ホースの中を通って、水と一緒に流れていく油が固まったり、食材カスが引っかかったりすると、ちょうど血管にできる血栓のような状態となって、流し台の詰まりへと発展していくのです。

この詰まりを解消する方法を3つ、ご紹介します。1つ目は「薬剤」です。流し台の詰まりに使える薬剤は、各種販売されていますので、手に入れるのは簡単です。この薬剤は強力ですから、ゴム手袋をするなどして直接触らないようにしてください。

2つ目は「ラバーカップ」です。これはトイレ用のものがあれば流用しても構いません。ラバーカップを排水口に押し付けて、真空状態を作ったのち引き抜くと詰まっている異物が除去できます。

3つ目は「ワイヤー式パイプクリーナー(ワイヤー式ブラシ)」です。これは物理的に詰まりの原因を押し出したり、崩して流すことが期待できる道具です。さて、以上3つの方法で流し台の詰まりが解消した場合は問題ありません。引き続き、快適に使っていただくことができるでしょう。

しかし、この掃除方法で詰まりが解消しない場合には、「排水ホース」を新品に交換することになります。排水ホースの交換は難しくありませんが、交換する際に溜まっている汚水が流れてくる場合がありますので、バケツや雑巾などを用意しておくと安心です。

しかし排水ホースを交換しても、まだ詰まりが解消しない場合は、その先の「排水管」の詰まりが原因と思われますので、プロに依頼して掃除・修理を依頼されることをおすすめいたします。

ストレーナーの掃除で詰まりが解消することも

水道管は、生活に必要な飲み水、洗濯、入浴に使用する水を供給してくれるパイプです。水道水はきれいに保たれていますが、細かいゴミが入り込んでしまったり、水道管のさびや油汚れの付着により詰まってしまう場合もあります。

ここでは、そんな排水管の詰まりを解消するための方法をご紹介いたします。専門業者に依頼しなくても自分でできますので、排水管、排水口の詰まりでお困りの方は一度試してみてください。

水道管の末端である蛇口は、水栓とも呼ばれています。メーカーや商品によって違いはありますが、水栓の側面には、マイナスドライバーを使って取り外しができる部分がありますので、フタを取り外して、出てくるストレーナーを掃除します。

作業の最初には、必ず元止水栓を閉めるか、または水栓の下にある止水栓で供給されている水を止めます。次に側面のフタを取り外すと網が出てきます。これは、ストレーナーという名称で、最後に排水管から流れてきた水のゴミや汚れを取り除くためのものです。このストレーナーを掃除し、取り外しと逆の手順で取り付ければ、詰まりが解消することがあります。

台所以外では、同様のストレーナーがトイレのタンクにも取り付けてありますので、タンクの水が溜まりにくい場合は、掃除することをおすすめいたします。この方法で詰まりが解消しない場合には、特殊な薬剤や圧力を使った排水管の洗浄が必要になることもありますので、無理はせずに専門業者に依頼してください。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978