給湯器の水漏れの原因は?自分でも修理できる?

お風呂場や台所などで温かいお湯を供給してくれる給湯器は、日常生活に不可欠な機器ですので、水漏れトラブルなどが起こってしまうと非常に困ってしまいますね。電気やガスを使う器機ですから、水漏れしている状態では安心して使うことはできません。そこで、ここでは給湯器の水漏れの原因と対処法についてご紹介いたします。

まず、給湯器の水漏れの原因には、給湯器そのものの寿命、パッキンの経年劣化と取り付け不良などが考えられます。新しい給湯器を設置してすぐに水漏れが発生した場合には取り付け不良の可能性が高いので、取り付けした業者にもう一度見てもらうよう、すぐに依頼しましょう。取り付けた業者なら無料で修理してくれます。

一方のパッキンの経年劣化は、毎日使うものである以上避けられないものです。パッキンの経年劣化によって水漏れが発生してしまった場合には、パッキンを交換するか器機そのものを取り換えるしかありません。

給湯器のパッキンはメーカーから取り寄せれば手に入れることもできますが、取り付け作業を誤ってしまうと機器を故障させる原因にもなりますので、給湯器の構造に詳しい方以外は自分で作業せず専門業者に依頼するのが無難です。

なお、水抜き栓から水が出ている場合は故障ではありませんので、どの場所から水が漏れているかをしっかりと確認してから業者に連絡するようにしましょう。

給湯器が故障したと思ったら

お風呂や、食器の油汚れを取るのに使う「お湯」は、水のように蛇口をひねれば勝手に出てくる訳ではありません。水道管に流れる水を、一度「給湯器」という機械に通して水を温めて作っているのです。この「給湯器」が故障してしまうと、お湯を出そうとしても水が温まらず、水のまま出てきてしまうことになります。

そのため、お湯が出ない時には、給湯器の故障が考えられますが、故障と決めつけて修理や交換を行うまえに、ぜひひとつだけ確認してほしいことがあります。それは「ガスメーターの確認」です。

意外と知られていませんが、ガスメーターは地震が起きた時にガス管が破裂して事故になるのを防ぐため、震度5相当の大きな地震などの時に、ガスを停める機能が付いています。その機能が働いてガスが止まり、給湯器からお湯が出ない可能性もあるのです。

確認の方法と復帰の仕方については、まず、家の中のガス栓を全て閉めてから、ガスメーターの前に立ちます。ガスメーターに1円玉ほどの大きさの黒いキャップがありますので、そのキャップを回します。するとリセットボタン(復帰ボタン)ができていますので、このボタンを強く押し続けます。

ボタンの付近に赤い表ランプがありますので、このランプが点滅から点灯に変わったら、ボタンから手を離してください。また点滅が始まりますが、そのまま約3分間、点滅が消えるのを待ちます。点滅が終わればガスの元栓を開けて、お湯を出してみてください。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978