給湯器の寿命は使用状況などで変わります

基本的に給湯器は、設置から8年から10年の寿命だと言われています。しかし置き場所や使用状況によってやはり寿命は変わってきます。設置場所が屋外の場合は、隣の家と60cmの間隔を開けないとメンテナンスが難しくなります。

また製造終了から一定期間は部品の保管はできますが、それ以降は部品を保有する義務はなくまりますので、販売終了品は買い替えになる可能性もあります。井戸水と給湯器がつながっている場合などでは、ろ過装置を付けない限り、もって2年程度の寿命と考えておいた方がよいでしょう。

一部の温泉などの場合も、成分が給湯器で詰まる場合がありますので設置の際に、お店の確認が必要になります。普通に使用していてもお湯の温度が毎日違うなど、おかしいなと感じ始めたら、寿命の事もありますので、買い替えも考えて店舗や専門業者に相談されることをおすすめいたします。

先ほど製造終了後から10年を過ぎた給湯器については買い替えになる可能性があると書きましたが、製造会社や型番によっては専門業者が部品を保有している場合もありますので、メーカーや専門業者に一度問い合わせてみられるとよいでしょう。

ですが、部品が見つかった場合でも、修理できるのは今回限りと考えられた方がいいかもしれません。使用用途で寿命が違ってきますので、最初に設置場所などは設置業者に相談されることをおすすめいたします。

ろ過装置を付けるなど、初期投資をした方が給湯器の寿命が延びることが多いですので、給湯器を設置される際には、そういった点についても業者に相談されるとよいでしょう。

給湯器を安く交換する方法と注意点

お湯を作っている給湯器が壊れてしまうと、お湯がでなくなってしまいますので、お風呂にも入れません。そのため、給湯器が壊れると修理、または交換することになります。

しかし、10年以上経っている給湯器の場合、廃盤になっているなどして交換部品の在庫がなくなっていることも多い上、金額の面でも、修理より新品を交換のほうが安価になることが多いため、修理より交換を選ばれるケースがほとんどです。

給湯器の交換は、自分でも行えそうに思いますが、水道だけでなくガスを扱いますので、無資格で行うとガス漏れによる事故や爆発の可能性があり大変危険ですので、プロに依頼されるとよいでしょう。

給湯器の交換費用を安くすますには、給湯器のみをインターネットやホームセンターなどで購入し、取り付けのみをプロにお願いすると安くなります。しかし、ここでも注意が必要です。

交換業者によっては「自社で売っている給湯器以外は、責任を取れないため、他で買った給湯器を付けることはしない」というスタンスを取っている会社もありますので、交換を依頼する際に、自分が給湯器を持っている旨を伝えて、交換可能かどうかを確認するようにしてください。

また、自分で給湯器を購入する場合には、プロパンガスや都市ガスなど、ガスの種類はもちろん、取り付け場所の大きさなども確認しておくようにしましょう。これらに注意して給湯器を交換すると、安く確実に給湯器の交換ができるでしょう。調子が悪くなれば、早めの交換をおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978