洗面台の排水口があふれる原因と詰まり解消法

洗面台には、髪の毛や歯磨き後の食べ物カスなどが流れますので、それらが詰まり水が流れなくなってしまうことがあります。考えられる原因は、排水口から流れた「髪の毛」や手を洗った時の「手や顔の皮脂や油」、また「洗顔や石けんのカス」などが排水パイプの内側にこびりついて、流れる水をせき止めていると考えられます。

髪の毛や食べ物カスなどを、洗面台に流しても詰まりにくくするには、排水口のゴミを受ける「排水口用ストレーナー(ゴミ越し)」を付けておくのが効果的ですが、排水口用ストレーナーを付けていても、その隙間から流れていってしまった髪の毛などが洗面所詰まりの原因となることもあります。

洗面台の詰まりを解消する方法

そして排水パイプが完全に詰まった状態になってしまうと、市販の液体パイプクリーナーなどでは汚れを溶かしきれませんので、次の3つの方法を試してみます。

まず1つ目はトイレが詰まったときにも使う「ラバーカップ」です。トイレ用のラバーカップが大きすぎる場合には、ホームセンターなどに行けば洗面台用にサイズの小さいものが売られています。

ラバーカップを排水口に押し付け、カップ内を真空状態にしてから勢いよく引き抜くと排水パイプに詰まっているものが動いて詰まりが解消されます。このとき、洗面台の中に水が沢山残っていると、ラバーカップを使ったときに水が溢れてしまいますので、排水できずに溜まっている洗面台の水を、半分程度コップやバケツなどを使って台所のシンクへ流し、水の量を程度減らしておくとよいでしょう。

2つ目は「真空式パイプクリーナー」です。原理はラバーカップと同じですが大きな水鉄砲のようなもので、ラバーカップよりも強力な吸引力があります。これでほとんどの排水詰まりは解消されるでしょう。

3つ目は「ワイヤ式パイプクリーナー」です。これはワイヤーを押し込んで詰まっている物を物理的に崩して詰まりを解消するものです。突くようにしながら詰まっている部分まで差し込んでいき、回転させることで詰まりを崩してください。

以上3つの方法が洗面所の洗面台の排水パイプが詰まって、水があふれてきたときに自分で出来る掃除の方法です。これでもまだ詰まりが取れず、水が引かない場合には、「排水管を分解」しなければなりません。

S字トラップの掃除口を開けて詰まりの原因を除去

「排水管を分解」といっても、それほど大がかりなことを行う必要はありません。洗面台の下を覗いてみてください。ここに「S字型をした配管」が見えるでしょう。この部分は「S字トラップ」と呼ばれる、常時水を貯めることで臭いや虫が逆流してくるのを防いでいる場所ですが、ここに髪の毛などが一緒に詰まってしまっている可能性が高いのです。

この「S字トラップ」には、これには「掃除口」が着いていますので、この掃除口を開けつまりの原因を取り除きます。この時、トラップに貯まっている水やゴミが掃除口から流れてきますので、下をバケツなどで受けてから掃除口を開けるようにしてください。

掃除口を開けたら、割り箸などを使って中から詰まりの原因となっている髪の毛やゴミをかき出します。この掃除方法で、洗面所にある洗面台の、大抵の詰まりを解消することができますので、一度試してみられてはいかがでしょうか。

それでもまだ詰まりが取れず、水が引かない場合には、出張修理サービスを依頼されるのがおすすめです。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978