洗面台から水漏れしている場合に確認すべき場所と修理の方法

水をこぼした訳ではないのに、洗面台の下の床が濡れている時は、洗面台から水漏れしている可能性があります。水道の出張修理サービスを頼む前に、まず「洗面台のどこから水漏れしているのか」を探し当てれば、自分で修理できるかもしれませんので、順番にチェックしていきましょう。

蛇口から水漏れが確認された場合、蛇口をしっかり閉めても水が止まらない場合はパッキンの劣化が考えられます。パッキンが原因である場合はホームセンターで購入してきて交換するだけですので、まずはそれで水漏れが止まるかどうか、試されてみられるとよいでしょう。

パッキンにも種類がありますので、蛇口に適した物を買う必要があります。また交換の際に工具が必要となるので同時に購入してください。

交換の際は家にある水道管の元栓を閉めて止水する必要があります。止水が済んだらナットを外してパッキンを変えます。このときに歯ブラシなどを使用して周辺を掃除しておくことで、蛇口周辺の劣化予防にもつながりますので、ついでに綺麗にしておくとよいですね。

ナットを締めて水道管の止水を開放したら、まず蛇口を見てみます。この時に水漏れがなければ問題は解決したと思われますが、実際に一度蛇口を開けて水道水を流してみる、その後もう一度蛇口を締めて水漏れがないか確認しましょう。

次に、洗面台の下にある洗面台排水パイプの継ぎ目からの水漏れを確認していきます。排水パイプには、いくつかに分解できる継ぎ目がありますが、継ぎ目には全てパッキンが入っています。このパッキンが劣化すると、水漏れしてきます。これは排水パイプに水を流しながら点検するほうがわかりやすいでしょう。

ここで水漏れしている場合は、ナットをモンキーレンチなどで締め込み水漏れが止まるか見てみます。止まらない場合は、ナットを緩めて中のパッキンを交換して修理します。

交換するパッキンや、ナットを締めるモンキーレンチなどの工具は、ホームセンターで購入することができます。洗面台から水漏れしている場合、以上の方法でどこから漏れているのかをまず確認し、まずは自分で修理してみられるのもよいでしょう。

上記の修理を試みても水漏れが解決しない場合には、パッキンやナットの緩み以外の専門的な問題が起こっている可能性もありますので、パッキンを交換しても水漏れが止まらない場合には、専門業者に相談されることをおすすめいたします。

洗面台の蛇口の水漏れを放置せずに修理すべき理由

水を止めても洗面台の蛇口からの水漏れが止まらないと悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。水漏れと言っても、ゆっくりとにじみ出てくる程度なので気にしていないという人もいるかもしれません。しかし水漏れは、怪我のように放っておいたら勝手に修理されて止まるという事はありません。

その逆で、だんだんと蛇口から出てくる水の量は増えていき、ポタポタと音を立てて落ち始め、最後には水が止まらなくなるということにもなりかねません。また水漏れは、24時間水が蛇口から出続けている訳ですから(それがたとえ少量であったとしても)水道代はかかり続けていることになります。水道代の節約のためにも、水漏れを発見したら早急に修理することが節約にもつながります。

このような洗面台における蛇口からの水漏れトラブルは蛇口の故障などではなく、パッキンやコマなどの消耗品が耐久年数を超えたために起こっているいることがほとんどです。そのため、この経年劣化したパッキンやコマの交換で洗面台の蛇口からの水漏れが止まるケースが大半です。

必要なパッキンやコマは、近所にあるホームセンターや工具店、また金物屋でも販売されていますし、値段的にも非常にリーズナブルなものです。作業自体も、そこまで難しいものではありませんので、DIYがお好きな方や手先が器用な方は、モンキーレンチやプライヤーなどの最低限の道具があれば修理できますので、ご自身で交換してみられるのもよいでしょう。

自分で修理する自信の無い方や、水漏れの心配をしたくない方は、最初からプロに依頼するのもよいでしょう。どちらにしても、洗面台の蛇口からの水漏れを発見したら、放置してひどくなる前に、修理しておかれることをおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978