洗面台のシャワー式蛇口やシャワーヘッドを交換する際の注意点

洗面台(洗面化粧台)に付いているシャワー式の蛇口を、ご自身で交換される際に注意してほしい点は以下の3点です。

1つ目の注意点は「タイプの確認」です。蛇口(シャワーヘッド)には、メーカーやタイプによって交換の方法が違います。一律に同じではありませんので、仕様書やカタログでメーカーや品番などから、蛇口のタイプを確認しておきましょう。

2つ目の注意点は「シャワーホースの有無」です。シャワー式の蛇口には、固定型のものとシャワー式の蛇口がシャワーヘッドになっていて引き出せるものとがあります。水漏れ箇所によっては、シャワーヘッドは変えずシャワーホースの交換のみで修理できる場合もあります。

シャワーホースの交換のみの場合は、ホームセンターなどで、どのメーカーでも対応できる「変換アダプター付きのシャワーホース」が売られている場合もありますので、確認してみるとよいでしょう。しかし、部品の経年劣化により交換する場合は、耐用年数の問題もありますから、シャワーヘッドと共にシャワーホースもセットで交換しておくのがおすすめです。

3つ目の注意点は「レバーハンドルの確認」です。水が出てくるシャワーと、水を出したり止めたりするレバーハンドルはセットではありません。そのため、レバーハンドルから水漏れしていたり、レバーハンドルの動きが固い場合は、シャワーヘッドやシャワーホースとは別にレバーハンドルを購入し交換する必要があります。

以上、洗面台のシャワー蛇口の交換における注意点ですが、最後にもう一つ注意点です。ご自分で蛇口を交換する場合には、必ず事前に止水栓を閉めるのを忘れないようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978