洗面台の水漏れは蛇口の種類によって修理方法が変わります

洗面台の蛇口から水漏れしている場合は、その蛇口の形によって、修理方法が変わってきます。例えば、洗面台にお湯と水にそれぞれ蛇口があり、ハンドルを回してお湯や水を出す水栓は「単水栓」という一番水漏れ修理が簡単な蛇口です。

この蛇口からの水漏れの場合、中のコマパッキンを交換することで、ほとんど修理できます。また他の蛇口の形は、レバーを左右に動かすことでお湯から水まで温度調節ができる蛇口で、レバーの上げ下げで水を出したり止めたりする「シングルレバー混合栓」があります。

この蛇口からの水漏れの場合、中のバルブカートリッジを交換することで、ほとんど修理できます。その他のシャワーヘッドからの水漏れもあります。これは、シャワーヘッド内部のパッキンの劣化が原因ですが、市販で同じパッキンを手に入れることは難しいため修理ではなく、シャワーヘッドごと交換することになります。

ところで、蛇口から水漏れした洗面台が、既に購入から10年以上経過している場合は、修理より新品の交換を検討するほうが安い場合もあります。メーカーが交換部品を持っているのは10年ですので、部品の製造が終了していることもありますし、個々の部品を変えても、他の箇所も劣化してきていますので、結局水漏れが止まらなかったり、修理してしばらくしたら、また別の箇所から水漏れしてきたりという事も考えられます。

そのため、10年以上経過している洗面台の蛇口から、水漏れした場合には、修理と同時に交換も検討されるのがよいでしょう。

分岐型の蛇口について

分岐型の蛇口とは、1つの水道口に複数の蛇口分岐が付属している形式の蛇口のことです。その形状と性質から多岐型蛇口とも言われていて、通常の水道設備が1つの方向にだけ水が流れるようにしているのに対して、この分岐形式の物は水の出力先が複数の方向に枝分かれしている形状をしているのが特徴です。

分岐型では、蛇口の両方あるいは片方から水を出す方法を切り替えることができますので、利便性がよくお風呂場やトイレ、洗面台や台所などの場所で利用されています。具体的な例としては温かいお湯や冷水の出入り口を分岐で分けたり、複数の人が同時に使用できるようにする効果などがあります。

この形式の水道蛇口にしたい場合は、現在の水道設備で取り付けたい種類の物が使用できるかを確認する必要があり、個人で取り付けることが困難な場合は、器具を販売している業者やリフォーム業者に作業を依頼されれば安心です。

もしもご自身で取り換えをされる場合には、必要なパーツや工具を事前にしっかりと確認し、リフォーム用品を取り扱っているホームセンターなどで購入することができますので、蛇口交換の知識をお持ちの方や作業に自信のある方は、ご自身で挑戦されてみてもよいかもしれませんね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978