洗濯機の蛇口からの水漏れ箇所と修理法

多くの住宅では、洗濯機専用の蛇口から洗濯機へ水を供給しています。そのため、洗濯機の蛇口付近で水漏れしていても、あまり気にならないかもしれません。しかし、水漏れは放置すると大きくなる一方ですので、気付いた段階で早めに修理しておかれるのがよいでしょう。

ここでは、水道の修理サービスを呼ぶ前に、自分で水漏れを修理できる方法をご紹介します。まず、洗濯機の蛇口付近の水漏れといっても、具体的な場所がわからなければ修理はできません。

洗濯機の給水ホースと蛇口をつないでいる接続部分は、非常に水漏れが起こりやすい部分です。そういった場合の対処法としては、蛇口のパッキン交換が考えられますが、水漏れを発見したら、まずはすぐに蛇口と水道の元栓を閉めましょう。

蛇口から水を出したり止めたりする「ハンドル」のすぐ下の六角ナット(キャップナット)から水漏れしている場合には、六角ナットをモンキーレンチ(ナットの形状によってはプライヤー)で締めてみます。

それで止まらなければ、中に入っている「コマ型パッキン」の交換が必要です。止水栓で水の元栓を止めたあと、ハンドルを取り外し、モンキーレンチ(またはプライヤー)で六角ナットを緩めて、コマ型パッキンを交換します。

蛇口の「パイプ入り口の袋ナット」から水漏れしている場合には、袋ナットの中に入っているUパッキンの劣化と思われますので、「Uパッキン」の交換が必要です。

最後は、蛇口と洗濯機の給水ホースを繋いでいる「継ぎ手(ニップル)」から水漏れしている場合には、一度プラスドライバーで継ぎ手を取り外して、再度取り付けてみてください。それでも水漏れが止まらないようであれば、継ぎ手を交換します。

このように、洗濯機の蛇口からの水漏れでも、様々な原因が考えられますが、長年の使用で蛇口の劣化が非常に進んでいる場合は、このような対処で水漏れが解決しないこともあります。そのような劣化が激しい場合には、蛇口全体を交換する方がよいこともあります。

全体の交換は、難しくありませんが著しく旧式の場合は注意が必要です。下手に交換しようとして、害が広がってしまうこともありますので、難しそうな場合は、専門業者に依頼した方が無難です。そのような場合は、タオルを敷いたり容器を置いておいたりするなど応急的な対処を行い、すぐに相談してみましょう。

洗濯機の蛇口の取り付けについて

洗濯機は多くの水を使いますので、蛇口のすぐそばに設置するのがベストで、取り付けも楽にできます。室内に適した場所がなく、ベランダに置くご家庭も多いかと思いますが、あまりおすすめはできません。ベランダは日光や外気を浴びますので、洗濯機本体の劣化による故障、また洗濯機と蛇口をつなぐホースにひびなどが入り、水漏れの原因となることなどもあるからです。

洗濯機専用の蛇口が付いているならば、蛇口への取り付けは業者にしてもらうのが一番安全です。洗濯機は基本的には毎日、または週に何度も使うものですので、蛇口とホースを頻繁に取り外すようなことはないからです。

一般の方でも取りつけられるようにはなってはいますが、しっかりとホースがささっていなかったりすると、これも水漏れの原因となってきます。洗濯機を購入する際には、ほとんどのご家庭では自宅まで洗濯機を配送してもらい、同時に取り付けなどの依頼をされていることと思います。

洗濯機自体は大変重く、とても持って帰られる重さではないことと、最近の傾向として、設置までを無料でやってくれる業者も多いですので、そこは業者におまかせするのがよいでしょう。その際には、水漏れや掃除などで取り外す方法について質問すれば、専門知識を持ったプロのアドバイスを聞いておくこともできますので、気になることなどを事前にピックアップしておき、設置日に確認されるとよいのではないでしょうか。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978