洗濯機用の蛇口から水漏れが発生する前に

毎日のように使用している洗濯機ですが、水栓の蛇口からの水漏れで、床が水浸しとなってしまうという事例が多く発生していることはご存知でしょうか。一軒家であればまだ自宅の床だけの被害で済みますが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、階下まで水が伝わってしまうと大変なことになってしまうこともあります。

洗濯機の下には、大抵の場合は防水パンを設置してあり、排水口の詰まりにおいては対応できる可能性がほとんどですが、水栓からの水漏れの場合は防水パンの外側にまで水が流れ出てしまうケースが多く、注意が必要です。

水栓からの水漏れで最も多く見られる原因は、接続ホースの緩みです。洗濯機は内部の洗濯槽が回転しながら新井や脱水を行うために振動が伝わりやすく、蛇口の先に取り付けたホースが外れてしまうということがあります。

このようなケースを想定して、ホースが外れた場合に自動的にストッパーがかかり水をとめることのできる水栓が販売されていますので、それを取り付けるのも水漏れ事故防止に有効です。

また、ホースが外れないまでも、緩みによって接続口から少量の水漏れが生じる場合もありますので、定期的にチェックを行い、緩んでいる状態が見られたらしっかりと締めなおすことも心がけておきましょう。

洗濯機用蛇口の種類によるメリット・デメリット

洗濯機用の蛇口として使用されているものはいくつかあります。各蛇口のメリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

1つ目としては、万能水栓があります。これは洗濯機用というわけではなく、一般的にどこでも使われているもので、安く購入することができますが、これに洗濯機の給水ホースを直接つなぐことはできませんので、ニップルという接続金具を購入する必要があります。

取り付け方法としては、万能水栓の先端にニップルを付け、付属の3本のビスを締め付け固定します。次にニップルを右に回していくと、パッキン部が水栓の先端に密着すれば取り付け終了です。デメリットとしては、接続面の角度が悪いと隙間が空き、漏水する可能性があります。

次に洗濯用水栓があります。こちらは洗濯機の給水ホースを直にワンタッチで取り付けることができますので、非常に簡単です。デメリットとしては、蛇口から給水ホースまでは、常に水圧がかかっている状態ですので、万が一接続部が外れてしまった場合に、水が出しっぱなしになってしまいます。

これを防ぐために、止水機能が付いた洗濯用水栓も販売されています。こちらは、給水ホースが外れても、蛇口先端に付いてる弁が水圧によって押し出され、水を止めますので安心です。これらの蛇口は、専門業者に交換してもらうのが一般的ですが、必要な準備と手順をしっかりと理解して行えば、ご家庭での交換も十分可能です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978