洗濯機のホースからの水漏れの簡単修理法

毎日、洗濯物を洗って綺麗にしてくれる洗濯機も、時間の経過と共に経年劣化して傷んできます。電化製品の本体が壊れてしまえば、交換するしかありませんが、ホースから水漏れしている程度であれば、その水漏れしてる場所によっては修理が可能です。

洗濯機のホースから水漏れしている場合には、まず「給水ホース」なのか「排水ホース」なのかを確認しましょう。「給水ホース」というのは、水道の蛇口から洗濯機までつながっているホースで、洗濯物を洗うために新しい水を蛇口から洗濯機に供給するためのホースです。

給水ホースからの水漏れの場合は、蛇口を開けている間ずっと水漏れが続き、蛇口を締めたら水漏れは止まるのが特徴です。このホースの途中に穴が開くなどして水漏れする事は考えにくいですから、給水ホースの水漏れとしては蛇口や洗濯機との接続部を一度外して、ゴミなどが噛んでいないか洗って掃除してみます。

それでも直らない場合は、給水ホースを交換してみます。給水ホースは家電量販店やホームセンターで購入できます。

洗濯機の給水ホースを蛇口に取り付ける方法

洗濯機を買ってきたり、もらったりして自分で設置するときに、ひとつ困ることがあります。それは「洗濯機の給水ホースを蛇口に取り付ける方法がわからない」というものです。

しかし、蛇口と給水ホースの接続は、それほど難しくありませんので簡単にご説明しましょう。まず、洗濯機の給水ホース(固くて白い色をしているホースで両側に部品が付いています)だけを手に持ちます。そして、ホースの両側についているプラスチックの部品の中に「ネジ山がない方」を蛇口に挿してみてください(ネジ山の方は洗濯機につなぎます)。

蛇口が最初から「洗濯機用(洗濯機用ワンタッチ水栓や洗濯機用ストッパー付き水栓など)」となっていれば、給水ホースは「カチッ」と音を立てて蛇口に固定され、手を放しても落ちません。しかし、固定されている様子がなければ、蛇口の先端に「ニップル」という部品を取り付ける必要があります。

取り付けるといっても、プラスドライバーで4本のネジを締めるだけですので、とても簡単です。ニップルは、ホームセンターで購入できます。取り付ける際には、4本のネジを緩めてから、ニップルを水平に蛇口に差し込み、ネジを締めていくだけです。

ネジは4本が均等に締まるように、少しずつ順番に締めていきます。このネジは、あまり締めすぎると、蛇口に穴を開けてしまったり、ネジが切れてしまうこともありますので注意しましょう。

ニップルが取り付けられたら、先程の給水ホースを取り付けてみましょう。今度は給水ホースが「カチッ」と音を立てて蛇口に固定されて、手を放しても落ちないはずです。これで、洗濯機の給水ホースを蛇口に取り付ける作業は完了です。

給水ホースの逆側を、洗濯機に取り付けた後、蛇口をひねってみて、先程のニップルから水漏れがなければ成功です。

一方「排水ホース」は、洗濯機から排水パンなどの排水口へつながっているホースで、洗濯物を洗って汚れた水を捨てるためのホースです。排水ホースからの水漏れの場合は、すすぎや脱水をしている間だけ水漏れが起こり、その他は水漏れが起こらないのが特徴です。

排水ホースの水漏れは、ホースを乾かしてからビニールテープを巻くことで止めることができます。このように、洗濯機のホースといっても、給水側なのか排水側なのかがわかれば、自分で修理することも可能ですので、挑戦してみられるのもよいでしょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978