蛇口の種類と仕組みについて

蛇口にはさまざまな種類があり、キッチンやお風呂場、洗面台など、それぞれの場所に適した商品が存在します。水道の蛇口を大きく分けると、単水栓と混合栓があり、最も簡単な仕組みの単水栓とは、水またはお湯のみが出る蛇口のことをいいます。

単水栓は混合栓と比べると構造がシンプルで、蛇口本体の中に2つのスペースがあり、その間に弁座が存在します。ハンドルを左へまわす(ハンドルを弛める)と内部のスピンドルと呼ばれる部品が上がり、コマが水圧によって押し上げられてコマと本体の弁座に隙間ができて水が流れ出る仕組みです。

ハンドルを右に回すとスピンドルが下がり、水の流れを止めることができるという構造になってます。ハンドルが締まっている時は、コマのパッキンが弁座に押しつけられている状態になり、水の流れを止めています。

混合栓は水とお湯の両方を出すことができる蛇口です。水とお湯を水栓の金具内で混ぜることで、水の流れる量や温度を自由に調節できるのが特徴です。お湯と水の2つのハンドルを操作するツーバブル混合栓の場合、本体内部の構造は、ほぼ単水栓と同じです。

混合栓でも、ワンレバー(シングルレバー)の場合、単水栓やツーバルブの内部にあるスピンドルやコマのかわりに、ハンドルと連動するカートリッジが使用されているのが特徴です。サーモスタット混合栓は、温度調節と水の流れの操作を分けてコントロールできる水栓です。

温度や水圧に変化が生じた場合でも、ほぼ一定の温度で水を流す機能がついていることから、内部構造は単水栓や他の混合栓よりも複雑な仕組みになっています。

さらにこれらの蛇口は、取り付けられる位置から壁付と台付に分類できます。壁付はその名の通り、壁に取り付けられているスタイルの蛇口です。台付は、キッチンのシンクやバスタブなどの台座に取り付けられています。場所に適したタイプの蛇口を取り付けることで、水回りが使いやすくなるだけでなく、無駄な水を使わずにすみますので、節水にもつながります。

蛇口の種類や仕組みについては水道の手引などに記載されていますが、もしも複雑なタイプの蛇口交換をお考えの際には、無理をせず専門業者に相談されると安心です。

蛇口の構造について

基本的にハンドル式、ひねって水を出すタイプの蛇口の本体内部は大きく2つの部分から構成されており、その間に弁座と呼ばれる穴があります。

ハンドルをしめている場合にはコマのパッキンと呼ばれる部品がこの弁座に押し付けられており、穴を塞いでいますが、ハンドルを動かすことでスピンドルと呼ばれる部品が上がり、コマが水圧によって押し上げられますので、穴が開いて水が出る構造になっています。

一方でレバータイプのものはひとつのレバーで水の温度や流量を調整できるのが特徴ですが、スピンドルやコマの代わりにハンドルと連動して動き水を排出するカートリッジが使われています。カートリッジ内部には、先程説明した弁座などが内蔵されており、非常に単純な構造をしています。

また浴室でよく見られるサーモスタット式と呼ばれる蛇口は、温度調節と吐水及び止水の操作が別々に行えるように水お湯を別の経路から中に取り入れて排出する構造になっています。これにより、温度や水圧の変化があった場合でも、指定した温度で水を使うことができるようになっています。

万が一蛇口が故障した場合には、これらの部品のうちどこが壊れているかを特定する必要があります。蛇口の構造については入居の際に受け取った水道の手引などからでも情報を得ることもできますが、もしも難しい場合には、専門業者に相談されるとよいでしょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978