蛇口のスピンドルを交換する手順

スピンドルとは、蛇口内部の部品の一つで、ハンドルが閉められた止水状態では、スピンドルがコマを押さえて水が流れないようになっています。ハンドルを開けることでスピンドルが上がり、水圧でコマが持ち上がり水が流れる仕組みです。

スピンドルを交換する場合、まずは水道の元栓バルブを閉める必要があります。元栓を閉めておかないと、蛇口を分解した際に大量の水が溢れ出てきてしまいます。

ハンドル式の蛇口の場合、ハンドルの上部にあるネジをゆるめ、ハンドルカバーを取り外します。プライヤーで根本のカバーナットを外すとスピンドルが見えるので、回して外しましょう。

コマやパッキンが劣化している場合、スピンドルだけを交換しても水漏れなどのトラブルが直らない可能性があるので状況に応じて一緒に交換します。必要な部品を交換し終わったら、逆の順序で蛇口を元に戻していきます。

最後に元栓バルブを開け、水が漏れないか確認してください。水漏れがなければ、無事に交換が完了したことになります。これらの蛇口の部品はホームセンターなどで販売されていますので、ドライバーやプライヤーなどの工具を用意する事で、自分で修理することが可能です。

しかし複雑な構造の蛇口の場合は、組み立てが難しいので、しっかりと注意して作業すること、または専門業者に依頼されることをおすすめいたします。

寒冷地かどうかで変わる蛇口のスピンドルの種類

普段蛇口を利用しているときには意識することがない内部の部品ですが、きっちり閉めているのにポタポタと水が漏れてくるというケースでは、スピンドルの劣化が考えられます。ハンドルが重くて回りにくい、蛇口を開けたときにハンドルの根元辺りから漏れてくる場合も同様です。

種類がいくつかありますので、ご自身で修理するためにホームセンターなどに買いに行かれる際には、詳しい店員さんに蛇口のメーカーや型番を伝えて、必ず蛇口に合ったスピンドルを購入しましょう。

また、水道が凍らない地域用のものと寒冷地用では、スピンドルの種類が変わります。寒冷地用のスピンドルには結しにくい素材の固定コマが付属していますが、そのパッキンも劣化しますので、しばらく使用した後は交換しておくと水漏れなどの予防にもつながります。

寒冷地仕様であっても、凍結するとコマが水栓本体にくっついてしまい水が出なくなることもありますが、一般的なスピンドルを利用されると、さらに不具合が出やすくなります。水漏れが頻繁に起きるようになることもあるため、水栓が凍結する寒冷地にお住まいの場合は、寒冷地用の固定コマが付いたスピンドルをお使いください。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978