蛇口の取り付け部分からの水漏れ修理方法と注意点

家が老朽化してくると、当然設備も一緒に老朽化してきます。中でも水道は、パッキン類の経年劣化により水漏れなどの症状が出てきます。

例えば、壁から出ている水道の蛇口の取り付け部分(水栓の根元)から水漏れしている時は、水漏れした水が、壁や床の下地を腐らせてしまったり、その湿気でカビが発生する危険性がありますので、急いで修理する必要があります。

まず修理の前に、水道の元栓(止水栓といって水道メーターの隣に付いています)を閉めておきます。これを忘れると水道の蛇口を取り外した瞬間に、水道管から蛇口を最大に開いた時と同じ量の水が吹き出して止まらなくなりますので注意していください。

さて、止水栓を止めて準備ができたら、壁から出ている水道の蛇口からの水漏れ修理に入りましょう。ここで修理する水道の蛇口は、ハンドルが1つしかない「単水栓」として話を進めます。

水道の蛇口(水栓)を取り外すには、本体を両手で持って反時計回りに回して取り外します。外れない場合は、プライヤーや水栓取り外し専用のレンチなどを使って取り外しましょう。取り外せたら水道配管の内側にあるネジ山を歯ブラシや雑巾で綺麗に拭き取っておきます。ここにゴミや錆があると、また水漏れがおきますので念入りに掃除しておきましょう。

次は蛇口の取り付け部分に付いている古いシールテープをはがし、新しいシールテープを巻いていきます。シールテープは、ホームセンターなどで購入することが可能です。シールテープの巻き方は蛇口を利き手に持ち、シールテープを反対の手に持って、手前から奥に向けて(蛇口を後ろから見て時計回りに)8回巻きます。

蛇口の取付部分のネジ山にシールテープが巻けたら、先程掃除した水道配管へ蛇口(水栓)を取り付けていきます。取り付けの方向は時計回りです。ここで注意して頂きたいのが「取り付けている最中に、絶対逆方向へ戻さない」ことです。

もし途中で一度でも戻してしまうと、水漏れの原因になりますので、もう一度緩めてシールテープを巻き直した後、再度配管へ接続し直すようにしましょう。さて、これで水道の蛇口の根元から水漏れした場合の修理は完了です。修理が完了したら、止水栓を開けるのを忘れないようにしてくださいね。

水漏れトラブルに活躍する「シールテープ」と「自己融着テープ」

水漏れといっても、水が出てくる側の「給水管」の水漏れと、水を排水して出す側の「排水管」の水漏れがあります。そこで、それぞれの水漏れの特徴と処置をご紹介しましょう。

まず「給水管」の水漏れの場合には、絶えず水圧がかかっていますので、絶えず水がポタポタと漏れていたり染み出してきますが、基本流れているのは綺麗な水ですので臭いなどはありません。

給水管の水漏れの場合は、水漏れの箇所によって処置は変わります。例えば、管と管をつないでいる接合部からの水漏れであれば、上記にも記載した通り、パッキンとなっている「シールテープ」を巻き直すことで解決できます。

このシールテープについて誤解されている人が多いですが、これはセロハンテープやガムテープのように粘着性は無く管の上から巻くものではありません。給水管のナットなどの接合部を外し、管に切られているネジ山に付いている古いシールテープを取ってから、新しいシールテープを引っ張りながら巻きなおして再度、接合部に戻します。

この作業が面倒な場合には、専門の修理業者を呼ぶことになりますが、それまでの間の応急処置として「自己融着テープ」を巻いておくことで、しばらくの間水圧に耐えることが可能となります。

一方「排水管」の水漏れの場合には、水圧はありませんので、汚水が流れた時にのみ漏れてきて、臭いがする場合が多いのが特徴です。排水管の水漏れは、前述の「自己融着テープ」で止めることが可能です。

自己融着テープは、引っ張りながら巻いていくことで、テープ同士がくっつき水漏れ部分を防いでくれます。このように、一口に水漏れといっても、その種類によって対応は変わってきますので、参考にして修理をしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978