水道の蛇口を交換する方法

水道の蛇口は、ハンドルを回すことによって、中に設置されているネジ上の部品も回り、出来たスペースから水が流出してきます。一日に何度も開け閉めしますので、金属の劣化やスケール等の付着により、しっかりと水が止まらない「漏水」と言った状態を引き起こしてしまうことがあり、そうなってしまうと、蛇口を交換する必要が出てきます。

水道の蛇口にはデザインや大きさ、用途などによって複数のタイプがありますので、お気に入りのデザインや、より便利になる物に交換されるのもおすすめです。

その際、ご自身で蛇口の交換をされる場合には、必ず忘れずに水道の元栓を閉めるようにしてください。これを行わないまま蛇口を外してしまったら、床が水だらけになってしまう可能性がありますので、必ず元栓の止水は行ってください。

水道管から蛇口までの間にも止水できる場所がありますので、もちろんこちらも閉めておかれるとよいですが、これを閉めるだけでは不十分です。

また、蛇口には複数の種類がありますので、あらかじめご自宅の蛇口の種類を調べて、穴の数にあった物を交換用に用意しておく必要があります。ホームセンターに行けば作業道具は揃っていますので、ご自身で交換されてみる場合には事前に準備をしておきましょう。

作業手順は、まずは蛇口を固定しているナットを外していきますが、ナットにはマイナスドライバーで緩めるタイプとモンキーレンチやプライヤー、専門工具が必要なものがあります。水道管を止水する工具に付属しているものがあれば、それを使用されるとよいでしょう。なければホームセンターで調達ができます。

ナットを外したら、スペーサーという白い大きなネジがありますので、これを緩めて蛇口を外します。パッキン代は別途必要となりますが、この時同時にパッキンも新しい物に交換しておくと、今後起こりうる水漏れを予防することができます。

蛇口を無事取り外すことができたら、今度は逆手順で新しいパーツや蛇口に交換していき、最後にナットを締めれば蛇口交換作業は終わりです。水道管の元栓を開放し、水漏れなどがなく元通りに使えれば、無事に蛇口交換完了ということになります。

止水栓からの水漏れ対処法

止水栓から水漏れしている場合には、どんなに症状が軽くても、自分で修理しないようにしましょう。自分でできる対処法としては、漏れている水を止めることです。止水栓を止める方法としては、マイナスドライバーで右に回して閉めます。

もし、止水栓が劣化して硬くなっているときには、無理に回すと配管がおれてしまう可能性がありますから、家屋全体の元栓を閉めましょう。一戸建ての場合には、敷地内に必ず元栓があります。この作業が終了すれば、専門の業者に連絡をして早急に修理してもらうことが大事です。

蛇口から水漏れをしている場合、漏れている場所によって修理の方法も交換部品も変わります。水漏れ箇所が壁との取り付け部分だった場合には、蛇口全体をひねって壁からはずすレンチが必要となります。ただ、この部分の修理は難しいですから、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

自分で修理する場合には、ハンドルの下にある大きなナットを、水栓修理レンチではさみ、反時計回りにまわしてハンドルをはずします。ナットが十分にゆるんだら、ハンドルを掴んで上へ引っ張ることで、ハンドル部分全体が抜けます。ハンドルが抜けたら、中にあるコマを引き抜き、部品を交換することで、水漏れは改善します。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978