蛇口の延長やアタッチメントの取り付けで蛇口をもっと使いやすく

DIYで水道の蛇口を使いやすく延長する

水回りは、後から交換したり取り付けたものが影響して、これまで使っていた蛇口の位置では不便になる事があります。「棚を取り付けたのはよいが、洗い物がしにくくなってしまったので、吐水口をもっと手前にしたい」、「洗面ボールを交換したら、蛇口の位置が低すぎて手を洗いにくくなってしまった」などという状況です。

そのような場合、水道の蛇口自体を長さのあるものに変えても足りない場合には、延長させる部品がいくつか販売されています。パイプ状のものや、ソケットやプラグといったものもあります。自在に形を曲げることができるホース状のものもありますから、用途に合わせて選ばれるとよいでしょう。

DIYで行いたい方は、ホームセンターなどに部品を買いに行かれる時に、延長させたい蛇口の品番を控えたり、写真を撮って持っていかれることをおすすめいたします。ホームセンターでは、それらをもとに、使いにくい理由や延長させたい方向を説明するなどして、店員さんに一緒に部品を選んでもらうとよいでしょう。

工具を持っていない場合には、必要な工具も一緒に揃えてもらいましょう。蛇口にサビなどがある場合には、きれいに取り除かないと設置ができない場合がありますので、そのような可能性も考えて、サビ取りも購入しておかれてもよいかもしれません。

作業前には、必ず止水栓をしっかりと閉めて、水が完全に出なくなってから蛇口を外していきます。水浸しになっても困らないようにビニールシートなどでまわりを養生しておくとさらに安心です。

水道の蛇口にアタッチメントを付けるメリット

料理を作ったり、食器を洗うといった時には、必ず水道の蛇口から流れ出る水が必要になります。通常の使用であれば、もちろんそのままの状態で何も問題ありませんが、もっと便利な使い方ができないかと考えた時、先端にアタッチメントを付ける事で、それまでとは異なる使い方ができるようになります。

アタッチメントを使えば、ホースなどが取り付けられるようになります。例えば、蛇口から遠く離れたベランダや庭で子どもを遊ばせるためのビニールプールなどにも蛇口の水を届けることができるようになりますので、とても便利ですね。

また、アタッチメントを付ける事で、各メーカーが販売している浄水装置を取り付けることもできます。水道水は一見透明で濁りがないので綺麗に見えるのですが、詳しく成分を調べてみると、実は目には見えない物質や菌が大量に含有されていると言われています。

もちろん日本の水道水は非常に安全性が高く、そのまま飲んでも何の問題もありませんし、菌などは沸騰させる事で殺菌することができるものがほとんどですが、より安全な水、おいしい水を求められる方にとっては、浄水器は価値の高いものではないでしょうか。

いつも使っている蛇口をもっといろいろな用途に使用したり、健康効果やおいしいお料理のために蛇口に浄水器を取り付けたいという方は、アタッチメントを介して蛇口に装置を取り付けてみられるとよいかもしれませんね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978