寒冷地でのお風呂の蛇口の凍結に気をつけよう

寒冷地などで冬に気を付けたいのが、蛇口の凍結です。特にお風呂の蛇口は凍結しやすい為、注意が必要です。お風呂は使用していない時は、比較的気温が下がってしまいますし、誰もいない浴室に暖房を付けておくこともないでしょう。

お風呂を使用した後には、カビなどを発生させないよう換気扇をつけて湿気を取ったり、窓を開けたりすることから、さらに気温が下がりやすくなり、洗面所や台所など、締め切られた場所にある蛇口よりも蛇口部分が凍結しやすくなってしまうのです。ここでは、そんなお風呂場の蛇口が凍結してしまった時にできるご家庭での対処法をご紹介いたします。

もしお風呂の蛇口が凍結していることに気づいたら、蛇口部分にタオルを巻きつけて、タオルの上からゆっくりと40度程度のお湯をかけていきましょう。蛇口に直接熱湯をかけてしまうと、急な温度の上昇により、水道管が破裂してしまうかもしれません。低い温度から、ゆっくりと丁寧に溶かしていくのがポイントです。

また、浴室にポータブルストーブなどを置いて、温めていくのも効果的です。気温を高くして、自然に風呂の蛇口部分が解けていくのを待つのです。根気よく続けていくことで、ゆっくりと解凍していくことが多いですし、水道管も傷めずにすみます。

上記のような対処を行っても解凍ができない場合には、専門業者に依頼される方が安全です。どうしても上手に解凍できない場合は、無理をしてトラブルを大きくしてしまわないよう、早めに専門業者に相談されることをおすすめいたします。

蛇口から水がポタポタ落ちる時は

長く同じ住宅に住み続けていると、どうしても劣化や故障がみられる箇所が出てきます。特に水回りが劣化しやすく、老朽化も早いと言われています。機器の寿命は約10年と言われていますので、長く使用している方は注意が必要です。

水まわりでは、特に蛇口まわりは故障しやすく、もし異変を感じたら早めの修理をおすすめいたします。ここでは、代表的なトラブル例をご紹介しましょう。

まずは、蛇口から水がポタポタと漏れてしまうトラブルです。これは蛇口内部のパッキンや蛇口本体になんらかの劣化が起こり、しっかりと蛇口が閉まり切っていないことを表しています。ポタポタと水が漏れている間にも、水道代は発生していますので、なるべく早めに修理をする必要があります。

特に寒冷地などでは凍結の心配もありますので、注意が必要です。あまりにも蛇口からの水漏れが酷い場合は、一度水の元栓を止め、すぐに専門業者に修理を依頼されることをおすすめいたします。修理担当の方が到着し、水漏れの原因の特定をしてもらった上で、元栓を開けてもよいかどうか判断してもらうとよいでしょう。

水回りの故障やトラブルは、蛇口の水漏れ以外にも、パイプ部分の破損や詰まりなどさまざまな原因で起こりますが、緊急のトラブルに備えて、あらかじめかかりつけの修理業者を探しておくと安心ですね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978