排水口に熱湯を流すのは実はよくありません

「排水口が定期的に詰まって逆流してくる」というご相談があります。ごみを流さないように注意していても、どうしても汚れが溜まったり油が溜まったりして詰まってしまうというのです。

何度が業者さんににも見てもらったということですが、どの業者も口をそろえて、この建物の排水管自体が細いものを使用しているので、これからも定期的に詰まる可能性がありますよと言われたそのことです。

それでも、市販されている汚れを解かす洗剤などを、時々使うと良いですよと言われ、ごみを流さないように100均で茶こしを買ってきて網を張り、熱湯を流すなど、詰まりや逆流を防ぐ努力をされているそうです。

ただ、お湯を時々流すとよいという話もありますが、それは沸騰直後のような熱湯ではなく、油が流れる程度の温度のお湯で十分です。排水口がプラスチックなどでできている場合がありますので、頻繁に熱湯を流すと変形して大きな水漏れに繋がる可能性が出てきてしまいます。そのため、高温のお湯を流すことは、実はおすすめできません。

賃貸や戸建て、物件によって作りが違うものではありますが、排水管の劣化を防ぐと言う意味ではどのお宅も同じかと思いますので、排水口に高温の熱湯を流すのは避けた方がよいでしょう。

排水口が流れにくいときにとるべき方法

排水口が流れにくいと感じたのであれば、詰まりを疑ってみるべきです。常に水が流れ込む排水口には、流れに乗ってやってくるゴミがつきものです。たとえネットなどで防いでいるとしても、小さなものや髪の毛などは、そのまま素通りしがちなものです。

そのため、排水口の先にある管にゴミが沈殿して、流れを押しとどめてしまいます。このような、流れにくいときに試す方法としては、いくつかのものがあげられます。まず、原因が汚れや石鹸などである場合には、熱いお湯が有効です。

また、固形物が挟まっているようなケースでは、排水口からワイヤーなどを差し込んで引っ張り上げるのも有効です。ただし、このような方法は、排水管を傷つける恐れがあります。そうならないよう、慎重な作業を行いましょう。

しつこい詰まりには、専用の液体クリーナーもあります。強い薬品ですので、ゴム手袋をして換気にも気を配り、クリーナーを排水口から流し入れるようにします。以上の方法でも流れにくい場合は、排水管の交換が必要になることがあります。

排水口は、清潔な生活に欠かせないものです。普段からゴミが落ち込まないよう気を付けることが大切ですね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978