パイプの詰まりの原因と解消方法は?

キッチンやお風呂の排水口の流れが悪くなってきたり完全に詰まってしまったり、そのような水まわりのトラブルの原因はパイプの詰まりです。

例えばキッチンで油や料理の残りかすをシンクに流していたり、お風呂場で髪の毛を流していたりすると、それらがパイプの中で分解されてヘドロ状になり、ノズルの内側に張り付いて水を流れなくさせてしまいます。

では、水が流れなくなってしまった時にどうすればよいかというと、ご家庭でできる方法として一番お手軽なのがパイプクリーナーを使う方法です。パイプクリーナーとはつまりの原因となっているヘドロを溶かす薬剤のことで、詰まりがひどくなければパイプクリーナーを使うだけで水の流れが良くなります。

ただし、長期間放置されたノズル内の汚れは固まって溶けにくくなっているので、パイプクリーナーが効かないこともあります。そんな時に使用するのがワイヤーブラシです。ワイヤーブラシとはその名の通りワイヤーの一番先にブラシがついた道具のことで、これをノズルの奥まで差し込んで上下にこすることで頑固な汚れも落とすことができます。

先端を排水管の中へ差し込み、ワイヤーブラシを回しながら前後させて掃除させながら奥へと送り込んで掃除するものです。排水管の比較的手前のほうで詰まりが発生している場合や、排水管内部の汚れが、それほど固まっていない場合、また一般住宅の排水管で、あまり曲がっていない排水管には、有効な場合があります。

しかし、家庭用の排水用ワイヤーブラシは、業務用のものにくらべ、長さも短いため、排水管の奥の方で詰まっている場合は、詰まっている場所までワイヤーブラシが届かないこともあります。また、長さだけでなく太さも細いため、複雑に曲がった排水管の場合、途中で差し込めなくなったり、汚れを取り除きにくかったりすることもあります。

また、ワイヤーブラシによるノズルのお掃除で注意したいのが臭いと汚れです。掃除中はかなりの悪臭が漂ってきますし、使い慣れていない人が使うと出し入れしているときに周りに汚れが飛び散ってしまうこともあります。

ホームセンターなどで簡単に購入することができ、排水管の物理的な掃除が可能な家庭用の排水用ワイヤーブラシですが、「どんな詰まりにでも対応できる魔法の道具」ではないことを理解しておき、薬剤タイプのパイプクリーナーなどと併用しながら掃除するようにしましょう。

排水管のつまりを溶かすための成分とその効果

排水口や排水管の中にある、髪の毛や食べかす等のつまりを溶かすために使われるパイプクリーナーは、2つの成分で汚れ(タンパク質)を溶かしています。

1つ目の成分は「次亜塩素酸ナトリウム」で、塩素系漂白剤の主成分ともなっているものです。塩素が入っていますので、漂白・殺菌・脱臭の作用も持っており、排水管内にあるタンパク質からできている髪の毛などの有機物をバラバラに溶かして水に流れやすくするのです。

2つ目の成分は「水酸化ナトリウム」で、非常に強い塩基性(アルカリ性)を持っており、これにより次亜塩素酸ナトリウム同様、排水管内にある髪の毛や食べかすなどを構成している成分であるタンパク質を分解して溶かし、水に溶けやすくします。

また、水酸化ナトリウムは、脂肪分を分解して溶かす働きもありますので、排水管内でつまりの原因となっている脂肪分を含む汚れを溶かして流れやすくしてくれます。これら2つの成分は、市販のパイプクリーナーに含まれていますが、一般用に販売されているものはそれほど高濃度のものではありません。

なぜなら、水酸化ナトリウムに関しては、医薬用外劇薬に指定されている危険な薬品ですから、濃度を5%以上にしたものは市販できないのです。そのため、より強力に排水管のつまりを溶かしたいと思えば、プロの出張修理サービスにつまり除去を依頼し、プロが使う業務用の薬剤(水酸化ナトリウム濃度は95%と非常に高濃度です)などを使用して溶かすしかありません。

一般用に市販されているパイプクリーナーで排水管のつまりを溶かすには、比較的症状が軽いうちに洗浄しておくのがよいでしょう。ご家庭での洗浄で取れない臭いや汚れについては、専門業者に依頼するのも一つの方法です。

キッチンの排水口詰まりは予兆段階が大切です

キッチンの排水口に、詰まりの予兆が現れた場合には、早急に対処することが重要となります。なぜなら、排水口が完全に詰まる前の予兆の段階であれば、簡単に改善することが可能だからです。

キッチンの排水口が詰まる原因は、生ごみや野菜くず、また油などの詰まりです。そのため、ちいさな詰まりを放置していると、その詰まり部分にまた次のゴミが引っかかり、詰まりはどんどんとひどくなるのです。

排水口の詰まりを取る薬剤は、ホームセンターや薬局などで購入が可能ですので、キッチンに排水口が詰まり、水が流れないようになる前に、定期的に薬剤などを使用して、排水口に詰まる油やゴミなどを分解除去しておきましょう。

そうすることで、水が詰まるのを予防できるだけでなく、臭いの発生も防げますので、面倒でも実践しておかれることをおすすめいたします。

溶かして流す薬剤は、分解するスピードに即効性があり、詰まり除去には効果的ですが、劇薬指定ですから素手で触ったり手に溶剤が付着しない様に、長袖シャツやゴム手袋をはめるなどして、溶剤が付着しない様に注意して使用するようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978