水道管の水漏れを自分で直す修理方法

目に見える水道管(給水管)から水漏れしている場合は、自分で修理方法を覚えて修理をすることも可能です。このようなケースの水漏れは、水道管の接続部分のナットの緩みや、中に入っているパッキンの劣化が原因であることが多いため、次の修理方法で直します。

修理の前にまず、水道管の元栓(止水栓)を止めておきます。止水栓は、水道メーターの横にあるハンドルを時計回りに回すと閉まります。念のため、台所の蛇口を開くなどして水が止まっていることを確認しましょう。

先程確認した、水漏れしていた水道管の接続部分のナットをモンキーレンチなどを使って締めてみます。緩みがあれば、きっちりと締め、止水栓を開けてみます。水道管からの水漏れが止まっていれば修理は完了です。

しかし止まっていなければ再度止水栓を止め、次は接続部分のナットを緩めて、中のゴムパッキンを交換してみます。ゴムパッキンは取り外したものをホームセンターなどに持っていき、同じものを探して交換します。

パッキンの交換が終わったら、ナットを閉めて止水栓を開けてみましょう。これで直らない場合や、水道管からの水漏れが、水道管の接続部分以外からの水漏れの場合、例えば壁や天井の中に通っている水道管などから水漏れしている場合は、自分で修理するのは難しいでしょう。

もちろん、自分で行う事も可能かもしれませんが、非常に手間が掛かるだけでなく、水漏れが再発する危険性が高いためおすすめできません。例えば、水道管の水漏れ箇所を防水補修テープで塞ぐ修理方法で修理したとしても、水道管には蛇口を開け閉めする際に高い水圧がかかるため、防水補修テープで補修した弱い部分に高い圧力がかかり破れてしまいます。

壁や天井で水道管が破れて水漏れすると、マンションなら階下が、戸建てなら土台まで腐ってしまいかねませんので、見えない水道管の修理は自分で行わず、出張修理サービス業者へ連絡するのが一番です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978