水道メーターで水漏れを確認する方法

水道メーターを使用して水漏れを確認するには、水道メーターの稼動状況を参考にして水漏れの有無を確認します。メーターの本来の役割は水の使用量を記録しておくことですが、水の使用量が不自然に多くなり水漏れの疑いがある場合や水道施設の異常や故障の確認時に、水使用の動向をはかる指標として活用することができます。

この作業は、全ての水道の栓を閉めて水をどこからも使用しない限定条件にした上で、水道メーターの稼動状況を確認します。水道メーターは、水道を使用している時にメーターが回転する仕組みになっているますので、全ての水の利用を停止しても水道メーターが回転しているとすれば、どこからか水が漏れているということになります。

また特定の水道を使用している時に水道メーターが通常よりも早く回転しているという場合にも、同様の異常や問題点を発見する手がかりになります。

ただしこの方法では、水漏れの事実の有無は確認できますが、具体的にどこから水が漏れているかという場所の特定までは困難です。そのため、水漏れの事実が明らかになった場合は、問題のある場所を自分で探して対策を行なうか、水道専門の業者に対策を依頼する必要があります。

水漏れが起きたときの効果的な対処法

たとえば洗面所で水漏れが起きたとき、速やかに対処を行えればよいのですが、すぐに対応できなかった場合は被害が大きくなってしまうこともあります。水漏れの規模にもよりますが、水が床に染みてしまい、集合住宅であれば下の階の住民の迷惑になってしまったり、長期間に渡って水が染みた状態が続いてしまうと、床が腐って抜けてしまう可能性もないとは言えません。

そうなると、水漏れの原因にもよりますが、周辺の住民やオーナーに対する賠償金などが発生してしまう可能性もあります。また、水道利用料金が後々大量に請求される可能性もあります。そのようなトラブルを防ぐためには、水漏れが起きた際は絶対に放置せず、できるだけ速やかに対処することが大切です。

もしも水漏れが起こった場合は、まずは水漏れしている場所を特定し、応急処置としてその部分に水を良く吸うタオルなどをきつく巻きつけるなどして水漏れを防ぎましょう。この際、タオルには輪ゴムなどで補強をしておくとタオルが外れなくてすみます。

またその際、やがてタオルですら給水できなくなる可能性を考慮して、水漏れで水がたまった床などの水を拭き取ってから、水漏れ地点の下にバケツやタオルを置くなどの対処をしておきます。

そのうえで、漏れの規模が大きい場合には止水栓をしめましょう。止水栓は水道メーターの隣に設置されている場合が多く、しめることで室内の水を全て止めることができます。

このように対処をしたうえで、即座に水道会社に電話をし、修理のスタッフを派遣してもらいましょう。なお、止水栓をしめるとトイレなどにも行けなくなってしまいますので、タイミングには注意が必要です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978