水漏れ対策は早めが肝心

水漏れ対策は早めが肝心です。劣化してから対策しようとしても、すでに水漏れが進行していて外側からは分からない危険が生じている可能性があるからです。特にマンションやアパートといった集合住宅では設備そのものが劣化していて気づかないうちに被害が進行している場合もあります。

大きなトラブルにしないためには、事前の対策をするとともに、小さな異変にもキチンと対応することです。賃貸物件の場合には速やかに管理会社に連絡して適切な修理をしてもらいましょう。

水漏れの原因は浴室や洗面所、キッチンなどの水まわりで起きる場合もありますし、屋上の防水が不十分なことにより、たまってしまった雨水が下の部屋に漏れてくることもあります。

雨どいにゴミが詰まってしまったり、配管部分の結露が原因だったり、配管の老朽化にともなって水漏れが起きてしまう場合もあります。それらを放置しておくと自分の部屋が被害にあう可能性もありますし、ほかの部屋へ被害を拡大してしまう可能性もあります。

気になることがあったら、早めに対応するようにしましょう。水の被害は大きくなるとやっかいです。保険で補償される部分もありますが、保険での保障範囲は必要最低限ですし、思い出の品などは取り戻すことができません。大きな被害が出る前に対応しましょう。

水漏れはこまめにチェックして節約を

水漏れトラブルには、中には「突然水が止まらなくなった」というケースもありますが、多くの場合はじわじわと水がにじみ出てくることから始まり、ぽたぽたと水が垂れている状態を放置していたことによって、最終的に水が止まらなくなるということも多いものです。

水漏れは、気づくのが遅かったり、放置してしまうと、症状が重くなってしまうことがほとんどですので、水道の水漏れに気づいた時は、できるだけ早い段階で対処することが重要です。

水漏れトラブルの対処法は、どの部分で発生しているのかによって違ってきます。もしも蛇口からであれば、パッキンやコマの交換をするだけですませることができます。パッキンやコマはホームセンターで手頃な料金で販売されていますので、予算的にも負担がありません。

パッキンやコマのゴムは劣化しやすく、ゴムが劣化・摩耗すれば交換が必要になる消耗品です。このパッキンの劣化による水漏れは、蛇口が壊れたわけではありませんし、一度交換しても、その後水道を使用し続けていくのであれば再度交換の時期がやってきます。

ですので、パッキンやコマの交換ですむ水漏れに関しては、ご自身で交換方法を覚えておかれると便利ですね。また、水道設備は金具のパーツをつなぎ合わせて作られているものですが、パーツの接合部からの漏れであればシールテープが活躍をします。

元栓を閉めて、配管の接続部分を分解し、そこに生じたすき間を埋めるようにねじ山とは逆向きにシールテープを巻き、接続部分をねじ込んでいきます。ですが、この作業には少し専門的な技術が必要になりますので、自信のないかたは水道の専門業者に作業を依頼される方がよいかもしれません。

いずれにしても、水漏れは放置せず、すぐに対応することで水道代がムダにかかることもなく、被害も大きくせずにすみます。ポタポタと水が漏れだしたら、早急に原因を特定し、適切な対処を行うことをおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978