配水管(給水管)・蛇口・分岐水栓からの水漏れ修理

「配水管」とは文字通り、水を配るための管になります。一般家庭では、給水管と呼ばれることが多いです。具体的には、給水管は浄水場から地下を通って町中に埋設されています。この給水管本管から、各家庭に分岐されています。水道メーターから本管側を一次側給水管と呼び、水道メーターから家庭側を二次側給水管と呼びます。

地面に埋設された給水管や、給湯器、浄水器につながっている給水管からの水漏れは、専門的な知識や工具を必要としますので、給排水設備店に修理を依頼しましょう。

ここでは、蛇口からポタポタと落ちる水漏れ修理方法をご紹介したいと思います。まず、蛇口が取り付けてある箇所から、下方向にたどっていくと、止水栓と呼ばれる水を止める水栓が取り付けてあります。ハンドルが付いたものや、マイナスドライバーで閉めるものがありますので、蛇口に行く水を止めましょう。

次に蛇口のハンドルのすぐ下に、レンチを掛けられる角張ったナットがありますので緩めます。するとハンドル全体を外すことができるようになります。中にはコマの形をした部品があり、丸いパッキンが取り付けられています。このパッキンを新しいものに交換し、逆の手順で組み立てれば、蛇口からの水漏れも止まり修理完了です。

分岐水栓の水漏れの修理方法について

分岐水栓は、1つの蛇口から2つの用途に水道を分岐させるために使用するものです。最近では、食器洗い洗浄機などをキッチンに設置したり、そのほか水を使用する機器を設置する際に取り付けて、本来の蛇口とは別に使用できるようになっているものです。

分岐水栓の多くは機器側で水道を止める構造になっていることが多いため、常に水圧がかかっている状態となり水漏れがしやすいのがポイントです。そのため、水漏れを防ぐために各部分の締め付けはしっかりと行うことが重要です。

また、使用していて水漏れが発生した場合には、パッキンが傷んでいることが多いものです。その場合には、締め付けだけで対応するとネジ山を壊してしまったり、本体に傷をつけてしまったりするため注意深く行う必要があります。

パッキンの劣化が原因の水漏れなら、まずはパッキンを交換してから、手順通りに締め付けを行っていきましょう。もしもパッキンを入れ忘れてしまった場合は、当然ですが水漏れしてしまいます。必ずパッキンを入れるのを忘れないように注意しましょう。多くの水漏れはそれだけで解決できます。

分岐水栓の取り付けが必要な場合は、基本的には業者に行ってもらうのがよいでしょう。取り付けに当たってはウォーターレンチなどの専門の工具が必要となるため、一般の人ではなかなか簡単ではありません。また、万が一傷をつけてしまったり、取り付け方を誤ってしまったりすると修理が不能になってしまうこともありますので注意が必要です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978