排水トラップの種類について

排水トラップは排水管を通じてゴキブリなどの害虫が侵入してきたり、悪臭が上がってくることを防ぐために取り付けられるパーツです。構造としては水を溜められるよう曲線状になっており、排水の際には水がある程度そこに溜まるといった形になっています。

ではこの排水トラップにはどのような種類があるのかと言うと、まずあげられるのがサイフォン型です。水を溜める部分が満水状態を維持して排水されるという特徴があり、メリットとしては常にトラップ部分に入っている水が入れ替わる自浄作用を持つことがあげられます。サイフォン型にはP型、S型、U型の三種類があり、一般家庭では非常によく見られるタイプの排水トラップです。

次にこのサイフォン式とは異なるタイプとなっているのが非サイフォン式トラップです。これには椀トラップとドラムトラップの2種類があり、貯水部分に水が流れ込むと水が溢れて排水管に流れ込む形になっています。

このタイプはサイフォン式とは異なり自浄作用がなく、ゴミが貯水部分に沈殿しやすいというデメリットがありますが、逆に毛髪や食べカスなどの異物を排水管に落とさずに集められるというメリットがあります。そのためキッチンのシンクなどには非常によく利用されているタイプであり、最近のほとんどのキッチンで利用されています。

流し台の排水トラップ(ワントラップ)の構造

キッチンにある流し台の排水口にも、下水からの臭いや虫が逆流してこないように「排水トラップ」が設けられてしますが、そのトラップは洗面台のようなS字トラップとは少し形が違います。

排水口の構造を見てみると、上から順に排水口のフタ、菊割れフタ、排水バスケットとなっており、この排水バスケットに生ゴミが溜まるようになっています。排水トラップは、この排水バスケットの下にあります。

排水バスケットを取り外すと、ひっくり返した「お椀」の形をしたプラスチックがあります。その椀を外すと、突き出た排水管の周りに、ドーナツ状に水が溜まっているのが見てわかります。この部分が、流し台の排水トラップで、その形から「ワントラップ(椀トラップ)」と言います。

ワントラップには、排水バスケットの下側で、お椀型のプラスチックを兼用しているものもあります。この流し台のワントラップは、S字トラップもP字トラップと形は違いますが、基本構造は同じで、「排水入口と下水の間を、常時水が溜まる場所で塞ぎ(水封)空気を遮断する」という目的も同じです。

流し台に限らず、排水トラップの水封が、水の蒸発などの理由により破れてしまうと、下水の臭いや虫が逆流して、排水口へ上がってきてしまいますので、長期旅行などで長い間水を流さない場合には、注意する必要があるでしょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978