蛇口を閉めても水が出る場合の修理方法

キッチンや風呂場の蛇口は普段から使用しているので気にすることも少ないかもしれませんが、閉めても水が出るのを止められない時があります。これは内部のパッキンが経年劣化によって隙間が出来てしまったのが原因と考えられ、その部分を交換すれば簡単に直すことができます。

お湯と水の両方が出せるシングルタイプのレバーでは高度な技術が必要になるため、基本は修理屋を呼ぶことになりますが、ハンドルで閉めるタイプであれば誰でも簡単に作業できます。作業に入るにはプライヤーなどの工具を用意するのと、水道の元栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

準備が整ったらハンドル上部にあるカバーを外し、そこからドライバーでハンドルを外します。プライヤーでスピンドル部分を外してコマパッキンを持って、ホームセンターなどで同様のものを購入してきます。

注意点として、新たに購入したスピンドルがあると、既存のハンドルでは取り付けができないおそれがあるため、対応した新しいハンドルも一緒に購入します。後は外した時と同じ要領と取り付ければ終了ですが、スピンドルを閉めすぎるとハンドルの開け閉めがきつくなるので、ある程度の力で抑えておくことが大切です。

定期的に行うべき水道の蛇口のパッキン交換

水道がなければ、生活そのものが成り立ちません。蛇口を捻ることで出る水は、喉を潤してくれるだけではなく、料理に使ったり、汚れを洗い流したりと、数々の場面で必要となります。その有り難みは、災害時の断水などによって、多くの国民が知るところとなっているのです。

同時に、水道の蛇口は毎日使い続けるものですから、劣化もまた激しいものです。それはサビなどの外観の問題ばかりではなく、内側にもダメージが蓄積し続けています。

たとえば、古くなった蛇口は、どんなに閉めようとも、ぽたぽたと水が漏れがちなものです。これは、中にあるパッキンと呼ばれる部品が劣化しているためです。パッキンは水道から絶えず流れ出してくる水を、せき止めてくれる働きをしています。

それだけ、常に圧力に耐えているのですから、破損する可能性がもっとも高い部品であるのです。これを放置しておくと、水漏れがいつまで経っても解決せず、水道代の浪費につながります。

こうしたパッキンは、ホームセンターなどでも売られており、個人でも交換が可能です。しかし、きちんとした知識なしで行うと、トラブルの原因にもなりかねません。不安があるときは、専門の業者に依頼するなどして、安全に蛇口のパッキンを交換していきましょう。

水漏れはテープで補修することもできる

水漏れが発生した場合には原因を特定した上でその原因を排除して行くことが必要になりますが、その中で応急処置として使えるのが自己融着テープです。自己融着テープと言うとあまり聞き慣れないでしょうが、ホームセンターの自動車用品コーナーや水道用品コーナーに行けばおおよそ売っていますので、探すのに苦労することもありません。

この自己融着テープというのはブチルゴムというゴムから作られていて、このゴムはブチルゴム同士でくっつくという性質を持っています。そのため自己融着テープを水漏れが発生している箇所に二重三重にするようにして巻きつけてやれば、ゴム同士でくっついて強度が上がり、水漏れが改善するようになるわけです。

また蛇口から水漏れが起きているという場合にはシールテープと呼ばれるタイプのグッズで補修できるケースもあります。これはネジの隙間を埋めるために使用されていて、蛇口のネジ部分から水漏れが起きている場合にはシールテープをネジ山に張り付けてネジを締め直すだけで直ることもあるのです。

とは言え、こういった補修方法はあくまでも応急処置的なものであるというのは忘れてはいけません。特に電気周りやガス周りとなると小さな水漏れから大事故に発展するリスクもありますから、テープによる補修は急場しのぎとしておいて、本格的な修理は早めに水道専門業者にご依頼されることをおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978