水道の蛇口が固いときの対処法

使用頻度の低い蛇口や古い蛇口は、ハンドルがあまりにも固いため水が出せなかったり、逆に閉めようとして閉められなかったりということがあります。これらのトラブルの原因として多いのは、水垢や洗剤などが内部に詰まってしまったり、サビが生じて部品の動作を邪魔していることです。

水垢や洗剤は、直接蛇口にかけていないとしても、使用しているうちに飛び跳ねた水や洗剤が入り込むことで、年月と共に蓄積されていきます。そのため、ハンドルが固い場合は蛇口を分解して内部の清掃や、サビたり古くなった部品を交換する必要があります。

清掃や部品交換のために蛇口を分解する時は、必ず止水栓を閉め、水を出ない状態にしてナットを緩め、バルブを取り外して新しいものに交換しましょう。

蛇口には様々な種類がありますが、単水栓の場合は比較的構造がシンプルなので、部品と工具があれば自分で清掃や部品交換を行うことができます。入居の際に用意されている水道の手引などを参考にして、必要な部品や工具を準備し、修理に挑戦してみられてもよいでしょう。

手順としては、ハンドル上部のビスを外し、ハンドルを外します。内部の部品を上から順番に外し、スピンドルを取り外します。内部の清掃を行ったり、必要な部品を交換したら、外した順番通りに元に戻して下さい。

汚れが原因だった場合、固くなったハンドルがスムーズに回るようになります。清掃してもハンドルが固いままだった時は、蛇口自体が劣化していて、部品だけでなく全体の交換を行わなければならない可能性があるでしょう。

バルブはよくある補修部品ですから、そのものを入手することには困らないでしょう。通販やホームセンターでの入手もできますし、メーカーの相談窓口に蛇口の品番を伝えることでも購入できます。

また、保証期間中であればメーカー保証を受けられる場合もあります。そういった場合は無料で対応してもらえますので、保証期間中であるかかどうかをよく確認しましょう。

ただし、保証期間中にバルブが壊れてハンドルが固くなることは少ないため、実際には有料となることがほとんどでしょう。

保証期間が切れていた場合には、バルブ代金と修理代金がかかってきますが、うまく交換できないと逆に費用がかさむ結果になってしまうこともありますので、工具の扱いやバルブの取り替えにご不安がおありなら、メーカーや専門業者に依頼されることをおすすめいたします。

蛇口のハンドル交換について

蛇口には必ずハンドルが取り付けられており、水道を使う際には必ずここを操作することになります。

このハンドルは蛇口に取り付けられている部品の中でも特に目立ちますので、この部分がひび割れてきたり、掃除してもきれいにならないなど、機能面で問題が出てきたり、外見のイメージが悪くなってきた場合には、交換を考える方も多いのではないでしょうか。

実は蛇口のハンドル交換というのは難しい作業ではありませんが、まずは必ず、作業の前に水の元栓を閉めてから作業に入って下さい。元栓をしっかり閉めたら、ハンドルを固定しているカラービスを取り外します。

カラービスとはハンドルの上部についているネジのことで、水が出る蛇口には青いビスが、お湯が出る蛇口にはピンクか赤のビスが取り付けられているのが普通です。

このビスをプライヤーなどで取り外すと、ハンドル自体も外れるようになります。タイプによってはカラービスの下にビスがありますが、もしもそのようなタイプだった場合にはそこも取り外しましょう。

あとは必要に応じて中のスピンドルやパッキンを交換し、新しく取り付けたいハンドルを取り外しとは逆の手順で取り付ければ完了です。ハンドルを外すだけならば問題はないことがほとんどですが、スピンドルを外すとなると元栓を閉めていないと水があふれて大変なことになりますから、注意しましょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978