シングルレバー混合水栓は水漏れ対策に点検を

従来の水道の蛇口はハンドル式タイプが主流でしたが、時代とともにデザイン性の高い蛇口を好む人が増えてきたこともあり、現在ではレバー式の水栓が主流となっています。

レバー式水栓はお湯と水を切り替える事ができるお湯と水の混合栓で、レバーを左右前後などに倒すことでお湯及び水の給水管の切り替えや水量を調整する事ができるという特徴があります。

当然レバー式水栓も、ハンドル式の蛇口同様、使い続ける事で部品は劣化します。そのせいで、蛇口からの水漏れが生じる事もありますし、レバー周辺から水がちょろちょろと溢れて来る事もあります。

台所の蛇口などで使用されているシングルレバー混合水栓は、長年使用していると自然と水漏れが起きてくるのです。表面上はサビなどもなくきれいであっても、中の部品は劣化しやすく、とくにパッキンとバルブは定期的に交換が必要となる部分です。

水に常に接していたり、摩耗することなどで隙間が生じやすくなって、そこからにじみ出てくるようになります。水漏れのトラブルは少しずつ起きることがほとんどですが、そのままにしておくと水の漏れる量が多くなる、蛇口からシンクに落ちる水の音は、深夜などの時間帯ともなると家中に響き渡り、水の音が気になって眠れなかったと言った経験をした事がある方もおられるのではないでしょうか。

完全に壊れてしまった場合には、ポタポタではなく、常にチョロチョロと流れ出る様になってしまい、かなりの無駄になってしまいますから、できれば水漏れを起こす前に点検を行って交換を済ませておくと安心です。

わずかな水漏れであっても、何日も続けば水道料金も高額になる可能性があります。痛い出費をする前にわずかな部品交換の費用だけで済ませてしまいましょう。

取扱説明書やシングルレバー混合水栓のメーカーのサイトなどで、点検項目や自分で行う修理の仕方などが掲載されています。書かれている通りに実施すれば、修理業者に依頼することなく直すことも可能です。

ただ注意が必要なのは、説明書通りに正しく設置できるかどうかです。ゴムパッキンがきちんと収まっていなかったり、バルブを斜めに入れてしまうなどすると新しい部品を使っていても水漏れは直りません。うまくできるか不安な方、細かな作業に自信がない方は、プロの水道業者に作業を依頼される方がよいでしょう。

蛇口のハンドルから水漏れする原因とは

レバー式水栓の水漏れは、内部にあるパッキンの劣化やハンドル内部にあるバルブカートリッジの故障などがあり、水漏れがどこから起きているのかにより、その対策方法は異なります。

蛇口からの水漏れの多くは、蛇口の水栓の中にあるコマやパッキンといった部品が劣化し、水の流れを完全にせき止められなくなっていることがほとんどです。そのため、劣化した部品を交換してしまえば、ほとんどの水漏れが直ります。
すれば水漏れ修理を自ら行う事ができるケースもあります。

部品を購入して自分で修理する場合は、まず何が原因で水が漏れているのかしっかり観察し、自宅にある水栓の取扱説明書やメーカーのホームページなどを見て、事前に修理に必要な部品や交換方法を確認されることをおすすめします。

ハンドルがきちんと閉まっているのに、蛇口からポタポタと水滴が漏れる場合、水栓の中央あたりにあるコマのパッキンに問題が生じています。コマごと取り替えるか、コマに付いているパッキンの交換が必要です。

構造が単純な単水栓の場合、ハンドルの下にあるカバーナットをゆるめ、さらにハンドルも全開にすることで上部が取り外せます。コマは水栓の中にあるので、ピンセットなどを使って取り出して交換を行いますが、自分で修理を行う前には、止水栓をしっかりと閉めないと水が噴き出してきますので注意が必要です。

水漏れの原因と考えられる部品を交換しても、水漏れが直らない場合、蛇口自体に問題が生じている可能性があります。そのような場合には、水道専門業者などに依頼し、蛇口本体を新しいものに交換されることをおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978