蛇口の水漏れはパッキンが原因のことが多い

水道の蛇口から水滴がポタポタと漏れていてお困りではありませんか。その原因として考えられるのはパッキンやコマ、スピンドルの劣化です。パッキンを長年使用していると、ゴムが摩耗して劣化しますので、水道の蛇口を閉めても水がしっかり止まらない状態になり、水がポタポタと落ちてくることがあります。

長年使っている蛇口で、ハンドルを閉めている筈なのに水漏れが起きると言う場合には、パッキンを交換することで解決できるケースが多くあります。

パッキンというのはゴムで作られたリング状のパーツのことで、蛇口のネジ込み部分に取り付けることで水漏れを予防することができます。ゴムは圧力を加えられると変形しますから、ねじ込みの圧力をかけることでパッキンを変形させ、水が通る道をふさいでいます。

ただゴム製品の大半がそうであるように、このパッキンも長期間圧力を加えられ続けると劣化して変形しづらくなることがあります。劣化によって変形しづらくなってからネジがゆるんだりしてしまうと、パッキンが水の通り道をふさぐことができなくなって水漏れが起こるというわけです。

このような状態になりますと、パッキンを交換する必要がありますので、水道のパッキンの部分をチェックしてみましょう。交換する時に注意することは、必ず使っているパッキンと同じサイズのものと取り替えるということです。

水道の蛇口のパッキンやコマ、スピンドルは、ホームセンターやネットショップなどで販売されていますので、業者に依頼しなくても自分で入手、交換することができますが、購入される際には、必ずサイズを確認することが大切です。

ただ、パッキン交換の際には、ハンドル部分を取り外さなくてはいけませんので、元栓を閉め忘れてしまうとハンドルを取り外した時に水が噴き出してしまいます。ですのでもしもご自身で交換をされるのであれば、必ず元栓を閉めて、念のために水に濡れると困る家電製品などを離してから作業するようにしましょう。

パッキンを交換しても水漏れが止まらなかったり、蛇口がきっちり閉まらなかったりするのであれば、蛇口本体の寿命がきているのかもしれません。そのような場合は、蛇口本体を交換する必要があるでしょう。

蛇口のコマとパッキンの交換方法

蛇口のパッキン交換は、水道関連の専門業者に依頼すると、非常に短時間にて修理をすませることができますが、DIYでの施工も可能です。蛇口のコマとパッキンの交換の手順は蛇口の種類によって多少違いますが、コマやパッキンは規格が決まっていますので、交換したいパーツのサイズを確認して購入しておきましょう。

蛇口のパッキン交換の手順は、まず水道の元栓を閉めます。元栓を閉めておかないと、作業中に水が噴き出てしまうので、必ず忘れないよう閉めておきましょう。閉めた後は、蛇口をひねっても水が出ないか確認してください。

次にハンドルを外しますが、この固定方法が蛇口によって違っていて、カラービスというネジで固定してある時はそれをウォータープライヤーなどで回して外します。カラービスがないときはカラーキャップというフタがあるので、それをマイナスドライバーなどで外すとネジが見えます。そのネジをプラスドライバーで外すと、ハンドルが外せます。

ハンドルを外したら、ナットが見えますので、それをモンキーレンチ(ナットの形状によってはプライヤー)などを使って反時計回りに回して外します。そうすると中に組み込まれているコマやパッキンが見えますので、それを新しいものに交換していきます。

あとはこれまでの手順とは逆に作業していくだけです。すべての作業が終わったら、元栓を開いて蛇口から水が漏れないか確認するのを忘れないでくださいね。

様々な種類やサイズがある蛇口用のパッキン

蛇口といっても単水栓から混合栓など数多くの種類のものが使用されています。キッチン用や浴室用として販売されているものや、一般的な立ち水栓や洗濯機の給水用として設置されているものもあります。

このような蛇口の場合では、水漏れが起きてしまうことがあり、軽度の水漏れであればその都度パッキンを交換することで、ご家庭でも修理を行うことが可能です。

蛇口のパッキンに関しては、さまざまな種類やサイズが設けられており、その数も非常に多岐にわたっています。そのため、住宅の所有者が自らパッキン交換を行う場合には、簡単に判断することが難しい場合もあります。

基本となる単水栓の場合でも、使用箇所によって、三角パッキンやコマパッキン、Uパッキンなどがあり、ゴム製の他にも樹脂製で作られているタイプもあります。

ご家庭の水道蛇口を交換されたい場合には、水道修理の専門店に依頼することで簡単に解決できますが、ホームセンターを利用してご自身で修理を行うことをお考えなら、判断のつかないパッキンは、ご自宅で蛇口を分解してから、現物をお店に持ち込んで、比較しながら購入する方法で、間違いのないパッキンを探すことができるでしょう。

パッキンの種類が特定できない場合や、入手が簡単にできないという場合は、専門店でも低料金にて施工を行っている場所がありますので、依頼をしてみることもおすすめの方法です。

蛇口を分解される手間やうまくできない可能性を考えると、その方が時間もかからず、費用もさほど変わらない場合もありますので、まずはご相談されてもよいのではないでしょうか。

蛇口のコマパッキンは種類を確かめて購入を

現在ではホームセンターなどで交換用のパッキンが多数販売されていますので、一般的な蛇口であれば、ご自宅で蛇口を分解して取り外したパッキンをお店に持って行くことで、交換用のパッキンを間違えて購入してしまうという失敗を防ぐこともできますし、ご自身で交換を行うこともできます。

中のコマがサビていたり、新しいパッキンをコマに取り付けることが難しい場合には、セットになっているコマパッキンを購入したほうがよいでしょう。すでにセットしてあるものだけでなく、別々になっているものも多いので、注意して購入する必要があります。

家庭の蛇口はほとんどが呼び13水栓ですからコマパッキンもそれに合わせて購入します。工場などの水道になると呼び20や25である可能性も出てきますので、必ず種類を確認してから購入するよう注意しましょう。

コマパッキンは幾つか種類があって、使い切りと繰り返し使用するタイプがあります。自分でゴムパッキンを交換したくない人は使い切りを選んだほうがよいでしょう。

節水タイプや寒冷地用なども売られていますが、寒冷地用は外の足洗い場などの水道に使うのがおすすめです。冬場に宅内の水道も凍る可能性がある地域であれば全て寒冷地用で揃えたほうが安心ですが、凍ったことがないのであれば、一般的な仕様で十分です。

海外製の蛇口の場合には、取り寄せしなければならない場合があるため、購入店に問い合わせてみましょう。交換時の注意点としては、必ず止水栓で水を止めてから作業を行いましょう。また、蛇口内に水が残っていると吹き出すことがありますので、タオルなどを準備しておくとより安心です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978