トイレットペーパーはトイレに詰まりやすいのか

毎日、何気なく使用しているトイレットペーパーは、実は使い方を間違えてしまうと、トイレ詰まりの原因となってしまう可能性があります。トイレが詰まってしまうと、自分で対処するにしても時間や手間がかかりますし、専門の業者に詰まりを解消してもらうしかない場合などはもちろん費用がかかります。

トイレットペーパーの中には、牛乳パックや雑誌などを再利用して作られたタイプもあります。ですが、この様なタイプであるから詰まりやすいということはありません。様々なタイプが販売されていますが、トイレットペーパー自体はどのタイプであっても水溶性ですので、好みに応じて選択していただいて問題ありません。

トイレットペーパーが詰まりやすい原因としては、一度に使用する量が多いことがほとんどです。例えば、シングルのトイレットペーパーからダブルのトイレットペーパーに変えた場合などは、厚みが1枚から2枚になっているにも関わらず、シングルの感覚で使うことで、使用量が2倍となり過剰使用となっていまうことがあります。

またその逆に、普段はダブルのトイレットペーパーを使っている人が、シングルのトイレットペーパーを使う場合にも、量がわからず大量に使ってしまうことがあります。

そのほか、水に流せるティッシュペーパーも、使い枚数が多いと水に溶ける時間が長くなりますので、トイレ詰まりの原因となり得ます。また子供が、遊び半分でトイレットペーパーを大量に巻取り、トイレに流すことでトイレ詰まりが発生することも少なくありません。

このように、意外と意図しない原因により、トイレットペーパーの過剰使用を行い、トイレ詰まりの原因を作っていることも少なくないのです。トイレ詰まりが生じた場合には、ラバーカップなどを使用し、まずはご自身で詰まりを解消してみましょう。

ティッシュが原因のトイレ詰まり解消にはお湯も効果的

トイレの詰まりは日常的によく起こりうるトラブルですが、特にトイレットペーパーと違って水に流れにくいティッシュを使用してしまったとき、トイレは容易に詰まってしまいます。

これはトイレの構造上の問題であり、トイレの排水管は下に向かって垂直にではなく、S字のカーブを描きながら向かっていますから、その部分は当然ものが詰まりやすく、詰まってしまうと水がせき止められてしまうわけです。

実際にトイレが詰まってしまった場合、基本的にはラバーカップを使うことで簡単に解消できます。ラバーカップ自体もホームセンターで簡単に購入できますが、ホームセンターが近隣にない場合や、より安いコストで詰まりを解決したい場合、お湯を使うことでティッシュの詰まりを解決することができます。

特別な用具は一切必要ありません。便器の破損に繋がるため、沸騰まではさせず、50度から60度程度に熱したお湯を用意し、これを便器に流し込みます。そうして、それから大体1時間程度そのままにしておくことで、水の温度が高くなり、中で詰まったティッシュが溶け、後は普通にトイレを流すだけで詰まりが解消されます。

またこの際や、お酢や重曹を一緒に入れておくことで詰まりを解決する効果が強まりますので、お家にあるようでしたらお湯と共に入れて待機してみると、ティッシュの詰まりであればほとんどは解決します。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978