薬剤(薬品)でトイレの詰まりを解消

トイレのつまりの原因はひとつではありません。例えば、一度に大量のティッシュペーパーを流すだけでもトイレつまりは起こります。「トイレットペーパーは水に溶けるものだから、いくら流しても大丈夫」と思っている人も意外と多いようですが、紙質や量によって詰まることもあります。その場合、ラバーカップ(スッポン)を使うことでトイレのつまりを解消することができます。

しかし、いくらラバーカップを使ってもトイレのつまりが解消されない場合は、「尿石のつまり」の可能性が高いでしょう。尿石は、尿に含まれる成分が便器や配管の内部に付いたものですが、これがトイレつまりの原因となることは珍しくありません。

これは先程のラバーカップでは取れず、尿石除去剤という専用の薬剤(薬品)を使う必要があります。この薬剤(薬品)はホームセンターや薬局などに行けば、色々な種類が販売されていますので簡単に入手することが可能です。

尿石除去剤などの薬剤(薬品)を使う場合には、取扱説明書に従うのが一番効果がありますが、豆知識として、「できるだけ溜まっている水を少なくした状態」で薬剤(薬品)を入れるほうが効果的です。なぜなら、濃度が薄まり効果が半減するからです。尿石が原因の場合、この方法でトイレのつまりを解消することが可能です。

さて上の2つの方法を試したにもかかわらず、トイレのつまりが解消されない場合は、迷うことなく専門の業者に依頼しましょう。むやみに適当な薬剤や薬品を使うのは意味がないだけでなく、危険ですので絶対にやめてくださいね。

トイレ詰まりには重曹が効果的なことも

レバーで水を流しても、水が逆流してくる場合には、トイレ詰まりを起こしていることがあります。そのような場合は半カップほどの重曹を使うと効果的なこともあるので、試してみるとよいでしょう。

逆流した水が溢れそうな時には、すくって捨てるようにしてください。重曹は尿石汚れを、配水管から流れやすくする効果があります。長期間に渡って使用されている排水管には、尿石が溜まってしまい水を流すのを妨げてしまうことがあります。そのような原因が考えられる場合には、重曹を使って1、2時間ほど置いて様子を見るとよいでしょう。

しかし、トイレットペーパーを大量に流した場合や、汚物を一度に流そうとして詰まりを起こしてしまった場合には、重曹だけでは対処しきれない場合があります。どのご自宅にもあるもので対処するのであれば、食物酢とぬるま湯カップ1程度を便器に加えると、詰まりが取れやすくなります。

食物酢と重曹を入れることで、二酸化炭素が発生して勢いよく発砲します。泡が発生する力で詰まりの原因を緩めて流しやすくする効果があるのです。ぬるま湯については、温めて汚れを剥がしやすくするためですが、熱湯を入れると耐熱性が低い便器が割れる恐れがありますので、絶対に手で触って熱さを感じる程度の温度にするように気をつけてください。

同様に1、2時間程度放置しますが、ぬるま湯は溢れ出さないように適宜追加すると、より汚れが取れやすくなるでしょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978