ラバーカップを使ってもトイレの詰まりが解消しない時の対処法

トイレ詰まりが発生した時のために用意しておきたいものとして、ラバーカップがあります。これはトイレの排水部分に押し付け、強く引き抜いて使いますが、その時に「スッポン」と音がすることから、擬音語のまま「スッポン」とも呼ばれています。

購入はホームセンターなどで手軽に手に入れることができます。一度でトイレの詰まりが解消しない場合でも、ラバーカップを排水部分へ吸盤のように押し付け、引き抜きという動作を数回繰り返すことによって、水が自然に流れていきます。ラバーカップだけで流れないトイレの詰まりには、お湯を併用するという方法もあります。

この場合には、お風呂に張る程度の熱さにしたお湯(お湯の中に手を入れられるくらいの熱さ)を便器に流してしばらく置いておきます。この時、便器に流れていない水が大量に溜まっているとお湯を入れてもぬくるなってしまいますので、紙コップとバケツなどを使って水を出しておくと、より効果的です。

お湯を入れておくと、それだけでトイレの詰まりが解消されていることもありますが、解消されていない場合は、しばらく置いたあと再びラバーカップを排水部分に付けて引き抜きます。ここまでで、ほとんどのトイレの詰まりは解消します。

ただし、これを使用できるのはトイレットペーパーや便など、水に流せるものが原因で詰まりが発生した時のみです。子供の玩具や雑巾など、水に溶けない異物が原因であれば、ラバーカップを使ってもまた配管の奥で詰まってしまう可能性がありますので、何が原因で詰まったのかを確認しておくようにしましょうね。

お湯でトイレの詰まりを解消する際の注意点と危険性

和式や洋式に限らずトイレの詰まりには、ラバーカップがよく用いられます。しかしトイレの詰まりは、定期的に起こるものではありませんので、ラバーカップを常備している家は意外と少ないようです。

上記でもご紹介した通り、トイレの詰まりを起こしている原因は、大抵水に溶ける性質を持っているトイレットペーパーや便などですので、お湯を使った方法で、より早くトイレの詰まりになっている原因を溶かすことができるのですが、その際、気をつけてほしいことがあります。

それは「熱湯を流さない」ということです。「温度が高い方が早く溶けるだろう」と、ヤカンを火にかけて沸騰したお湯を、そのまま便器に流すと、次のような危険があります。

  • 便器が割れてしまう(便器の交換が必要です)
  • 便器と排水管を繋いでいるフランジ部分のパッキン(ガスケット)が変形し汚水が床に漏れ出す(便器を外しパッキンの交換が必要です)
  • 塩化ビニールの配管が変形・破損するし汚水が漏れる(床を解体するなどして排水管の修理が必要です)

そのため、熱湯ではなく40℃〜60℃程度のお湯を使うようにしてください。お湯を作るときには、給湯器で温度設定をしてもいいですし、火にかけて水を沸かすときには、指を入れられる程度の温度(お風呂のお湯程度)で止めておきましょう。

トイレの排水部分にお湯を注いだら、あとは1時間程度を目安に詰まっているものが溶け、トイレの詰まりが引くのを待つことになります。最後に注意点ですが、トイレの詰まりが引いても、いきなり水を流すのではなく、まずはヤカンに残ったぬるいお湯などを注いで、トイレの詰まりが解消したことを確認してから流すようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978