トイレの詰まりを取る方法

真空ポンプを使ったトイレの詰まり解消法

トイレが詰まったら、まずラバーカップ、いわゆる「スッポン」を使って詰まりの解消を試します。多くの場合、ラバーカップを使うだけでトイレの詰まりは解消しますが、それでもトイレの詰まりが解消しない場合、出張修理サービス業者に連絡する前に、もうひとつ、真空ポンプを試してみましょう。

家庭用ならば、ホームセンターで2,000円前後で売っています。さて、まず真空ポンプで作業を始める前に、少し気を付けておいていただきたい事があります。

今、トイレの水が詰まっているという事は、便器の上の方まで水が溜まっているかもしれません。この状態で真空ポンプを使うと、タンクの排水弁が開いてしまい、タンクの水がさらに流れ込んでくる可能性があります。

そうなると、今便器に溜まっている汚水は、便器から溢れ出してトイレの床一面を濡らしてしまう事になります。ですから、トイレの床にあるマット、スリッパ、予備のトイレットペーパーなどは、一時避難させておきましょう。そして、さらに床には新聞紙などを敷き、作業は長靴などをはいて行います。

また、作業中、汚水が飛び跳ねる場合もありますので、透明の大きなゴミ袋を用意して便器を覆っておきます。さて、ここまで準備ができたら作業に入ります。

便器を覆ったゴミ袋の中央に穴をあけ、真空ポンプを差し込み、排水口をふさぐように真空ポンプを被せます。水が溜まっている場合は問題ありませんが、逆に水が少ない場合は、吸引カップが水につかるまで水を足すようにします。その状態で排水口に吸引カップを押し付けて密着させ、ハンドルを勢いよく引きます。

ハンドルを戻す時は、水が逆流しますので、排水口から少し浮かせて戻しましょう。一度で直らない場合は何回か繰り返します。これで詰まりは解消します。もし解消しない場合は、残念ですが、水道の出張修理サービス業者に連絡して洗浄を依頼されることをおすすめいたします。

家庭用食器洗剤でトイレの詰まりを取る方法

トイレが詰まると、水を流しても水が減っていかず、どんどん水位が上がってきます。マンションで、もし溢れ出してしまったら、下の階の人に迷惑をかけてしまいますので心配になることでしょう。

このようなトラブル時には、出張修理をしてもらえる水道屋さんを呼ぶのが一番ですが、お金も時間もかかってしまいます。トイレ詰まりの主な原因は、トイレットペーパーや汚物の詰まりです。その詰まりを取る方法を一つご紹介しますので、まずは試してみられるとよいでしょう。

まず用意するのは、家庭用の液体食器洗剤です。この食器洗剤は水よりも重たいため、水に入れると沈んでいきます。これを詰まっている便器に約100ccほど注ぎます。ここでは躊躇せず、少し多いかなと思う量を注いでください。

次にお湯を用意して、洗剤を注いだ便器の上に流していきます。お湯の温度は50℃程度です。50℃のお湯の作り方は、沸騰させたお湯に水道から出る水を同量足すと作れます。お湯を使うことで、トイレットペーパーや汚物を効果的に溶かすことができます。

お湯を注ぎ終わったら、20分程度放置して、先程の液体食器洗剤が、浸透するのを待ちます。ここでトイレの水位が下がってきていれば、再度、50℃のお湯を注いでみましょう。

便器に注いだお湯が詰まらずに流れていれば、トイレの詰まりは解消です。さてここまで試してみたけれど、やはり水位が下がらないという場合は、残念ですが水道の出張修理サービスを呼んで修理を依頼されることをおすすめいたします。

ワイヤー式パイプクリーナーでトイレの詰まりを解決する方法

トイレの詰まりを解消する方法として、液体を使う方法もありますが、物理的に詰まっているものを崩したり、突き出したりする方法もあります。例えば、ワイヤー式のパイプクリーナーを使う方法です。

ただし、初めてワイヤー式のパイプクリーナーを使用する場合には、上手に詰まりを解消することができないかもしれません。なぜなら、メーカーによってそれぞれ便器の構造が違い、排水部分の角度なども違うため、どのようにワイヤー式のパイプクリーナーを差し込んでいくのが一番効果的かを理解していないためです。

さて、それを理解頂いた上でトイレの詰まりを取り除いてみましょう。そもそも便器の詰まりの主な原因は、粘土のような便や大量のトイレットペーパー、水に溶けにくいティッシュペーパーやハンカチなどの布類を流したり、また落としたりすることで起こります。

中でもハンカチなどは、落としたことに気づかずそのまま流してしまい、トイレが詰まって始めて、流してしまった事に気付くケースも多くみられます。

ワイヤー式のパイプクリーナーは、トイレの詰まりの原因を取り除くのではなく、崩すのが目的の道具です。そのため、便やトイレットペーパーなど、崩せるものには効果があります。ワイヤーを突くようにして少しずつ詰まりの原因となっているものを崩していきましょう。

しかし、詰まっているものが「布類」や「固形物」などの場合にはワイヤー式のパイプクリーナーで取り除くことはできません。この場合は、出張修理サービスに連絡して、プロに除去・洗浄を依頼するのが確実です。

トイレの詰まりをハンガーで解消する方法

トイレが詰まった場合には、ラバーカップ(通称、スッポンとも言います)を使って、トイレの詰まりを解消することが多いですが、家にラバーカップがない場合、どうすればよいでしょうか。

いくつか方法はありますが、その方法の1つが「針金ハンガーを使ったトイレの詰まり解消法」です。まず、軍手などをはめて手が傷つかないようにしてから、針金ハンガーのフックの部分のより戻し1本の針金にしていきます。1本の針金になったら、片方の先をU字型に曲げておきましょう。さて、これで準備は完了です。

次に詰まっている便器の中に、先程加工した「伸ばした針金ハンガー」を差し込んでいきます。いきなり強い力で押しても、針金が曲がるだけで入っていきません。この時「突きながら、軽く押し込んでいく」のがコツです。

針金が、トイレットペーパーや汚物などが詰まっているところまで到達し、詰まっている物を無事、押し出すことができれば詰まっていた水が、徐々に少なくなっていきます。これで、トイレの詰まりは解消です。

しかし油断は禁物です。すぐに水を流すと、また水が溢れてくるかもしれません。徐々に溜まっていた水が引いたら、バケツで少しずつ水を流してみてください。バケツの水が完全に流れていくのを確認すれば、無事終了となります。

この方法で解決すれば、この「トイレの詰まり解消ハンガー」は、ベランダなどに置いておくとよいでしょう。また詰まった時には、再度、役に立つことでしょう。さて、今回ご説明したこの「針金ハンガーを使ったトイレの詰まり解消法」ですが、全ての便器に使える訳ではありません。

メーカーによって、便器から排水口までの形は様々で、トイレ詰まりの原因となっている場所まで、針金ハンガーが届かない場合もありますのでご了承くださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978