意外なモノでトイレのパイプは詰まります

トイレの排水パイプが詰まる原因は、汚物やトイレットペーパー、また尿石など、便器として使用していれば仕方のないものもありますが、中には、ガムや髪の毛、食べ物、タバコの吸い殻や、ポケットから落ちてしまったライターやボールペンなどが原因で詰まってしまうこともあります。

トイレの排水部分に水に溶けないものが落ちた場合は、水に溶けるトイレットペーパーや便とは違い、どれだけ待っても、水に溶けて詰まりが解消することはありませんので、必ず流す前に取り除いておくようにしましょう。

また「トイレは大便を流せるのだから、ガムや食べ残しを流しても流れるでしょ」と考えて、ゴミ箱のように使っている人もいるようです。しかし、ガムや髪の毛や生ゴミなどは、便やトイレットペーパーのように完全に水に溶けるものではありません。そのため、排水パイプに少しずつこびりついていきます。

例えば、食べ残しや生ゴミに付いた油汚れが排水パイプに付き、その油汚れにトイレットペーパーが付き、そこに尿石が付いて固まってしまうのです。このように、少しずつの汚れが塊となって、排水パイプの径を圧迫していきます。

そのほか、「流れると思って流したもの」で、トイレに詰まりやすいものに「ペットの糞」や「ペット用トイレの砂」があります。「ペットの糞」も人間の便と同じようなものですので、水に溶けないものではありませんが、尿石などで元々詰まりやすい状態になっているところに、ペットの糞に含まれる毛繕いした毛などが引っかかりトイレ詰まりの原因のひとつとなることもあります。

しかし実際には「ペット用トイレの砂」の方が詰まりやすいようです。特に「固まる砂」の場合は、水を含むと大きく膨らむ性質を持っている高吸水性ポリマーが使われていることが多いため、流した時には問題がなくても、流れていく過程で水を吸い大きく膨らみ、トイレを詰まらせてしまうことがあるのです。

ペット用トイレの砂には、「トイレに流しても良いタイプ」もありますが、これも流せないタイプのトイレであったり、ペット用トイレの砂を大量に流すなど、捨て方が悪いと詰まりやすいので注意しましょう。

トイレに流しても良いタイプのペット用トイレの砂であっても、袋の裏面などに書かれている説明書きや注意事項を守った上で正しく使うようにしてくださいね。

排水パイプが詰まりやすい状態になってしまっている状態を放置しているおと、少し硬い便や、少し多いティッシュを流すだけで、すぐに排水パイプが詰まり、水が溢れ出してしまうようになります。

トイレの排水パイプの中に溜まった汚れが詰まりを起こす可能性が考えられる場合には、専門の業者や出張修理サービスをご利用いただき、詰まりの解消・予防をされることをおすすめいたします。

このようなものを流すとトイレの詰まり直らないので注意

トイレの詰まりを発見したら、まずラバーカップなどを使って自分で直らないか試してみるのがいいでしょう。しかし、ラバーカップなどで直せるトイレの詰まりは「トイレットペーパーや便」など水に溶けるものが原因の場合のみです。

そのため、水に溶けないものが原因となったトイレ詰まりは、そもそも最初から自分で詰まりを直そうとしても、直らない可能性が高いと思ったほうがいいでしょう。トイレをしていて、間違って落としてしまうもので、水に溶けず、自分で詰まりが直せなくものには次の物があります。

  • サングラス-ライター(喫煙者)
  • タバコの箱(喫煙者)
  • 煙草の吸殻(フィルターは水に溶けません)
  • ポケットに入れっぱなしにしてた小銭
  • 使い捨てカイロ
  • 紙おむつ・生理用ナプキン
  • 携帯電話につけていたアクセサリー
  • 時計-知らない間に外れて服の中に入ってしまっていたネックレスやブローチ

これらが落ちてしまったのに「取るのは汚いから便と一緒に流してしまおう」と思って流してしまうと、トイレの奥に詰まり、流れなくなる可能性が高いです。自分でも直らないトイレ詰まりは、トイレの出張修理サービスに依頼して修理してもらうことになります。

このような、水に溶けないものが原因となったトイレ詰まりの場合には、便器を外してしまって詰まっているものを取る事になります。水に溶けないものが便器に落ちてしまった時は、そのまま流さずに、割り箸やゴミばさみなどで拾ってから流すようにしてくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978