詰まりにくい節水型トイレの選び方と注意点

トイレが詰まる直接的な原因は、水に溶けにくいティッシュペーパーや固く大きい便などですが、間接的な原因としては、汚物を流す水量の不足があげられます。便器のタイプにもよりますが、トイレで使用する一日の水の量は、お風呂で使用する水の量を上回るというデータもありますので、節水グッズなどを使って節水するのもうなずけますね。

中にはロータンク(トイレタンク)の中に、水を入れたペットボトルやビール瓶、レンガやブロックなどを沈めて水が入る体積を減らしたり、浮玉の位置を調整して溜まる水を減らしたりして「自作の節水型トイレ」を作られている人もいます。

しかしトイレで汚物を流すためには一定量の水の量が必要で、トイレメーカーは便器の形やサイズに合わせて、きちんと汚物を流すために必要な水の量をタンクで調整しています。そのため、ロータンク内を細工して「自作の節水型トイレ」を作ってしまうと、汚物を流すために必要な水の量が足らず、トイレ詰まりの間接的な原因となってしまうのです。

節水を目的とするのであれば、メーカーが最初から節水を目的として作った「節水型トイレ」を検討してみるのがよいかもしれません。しかし、便器は「便器から汚水配管へ汚物を流す工夫」はできても、便器からつながる「汚水配管内の汚物を流す工夫」はできません。

そのため、トイレの設置位置が浄化槽や公共下水まで距離がある場合や、汚水配管が床下を通っている場合、また過去にトイレが詰まったことがある場合などは、ある程度の水量を使う節水型トイレにしておくのがよいかもしれません。このあたりは実際に購入される際に、プロに相談してくださいね。

トイレの詰まりにくい使い方のコツ3つ

トイレは、ちょっとしたコツを知っているだけで詰まりにくい使い方ができますので、そのコツをご紹介します。トイレが詰まる原因として多いのは、多く固い便や大量のトイレットペーパーが詰まるケースです。

これは、一度に全部の便を流そうとするために起こる詰まりです。そのため、便を数回に分けて流すようにするだけで、詰まりにくい状態となります。トイレットペーパーも同じです。量が多くなると思ったら、溜めてから一度に流すのではなく、数回に分けて流すとよいでしょう。

また、トイレ掃除に「水に流せる掃除シート」などを使っていると、「流れるから安心だろう」と汚れたシートを次々とトイレに放り込んで流してしまいがちです。これもトイレットペーパー同様、こまめに流すようにすれば、詰まりが発生することもありません。

ほかにも、異物を落としてしまったことによって詰まりが発生するケースもあります。これは、物を落とさないように注意し、もし落としてしまった場合には、決して流してしまわずに取るようすることで、詰まりにくい環境を維持できます。

最後に、節水グッズなどを使ってトイレに使用する水の量を少なくする事も、おすすめできません。なぜなら水流が足りず、トイレットペーパーや便を押し流すことができないため、トイレ詰まりの原因となることがあるからです。

以上を念頭においてトイレを使用することで、詰まりにくいトイレを維持することができますので、よかったら実践してくださいね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978