マンションでのトイレつまりトラブル

一昔前では、どの家庭でも汲み取り式のトイレであったため、トイレのトラブルも少ないものでしたが、近年の水洗式トイレでは、給水と排水の両方に起因する様々なトラブルが発生します。中でもトイレつまりの場合には、重大な被害になることもあるので注意が必要です。

トイレのつまりが発生した時に、水量を増やせば流れるのはないかと考え、水位が上がっているにも関わらず、もう一度レバーハンドルを回してしまう人もいます。しかし、トイレが完全につまっていれば水は流れることはなく、水位が増々上がり、便器から汚水が溢れ出てしまうことになります。

床に汚水が溢れ出てしまうと、床にあふれ出た汚水は床下に入り込んでしまい、量が多ければ下の階に流れ出ます。例えば、一戸建ての場合で2階にトイレがある場合は、1階の天井から汚水が滴ってきますし、マンションやアパートなど集合住宅の場合には、下の階の人の部屋の天井に汚水を流してしまうことになります。

そのため、トイレつまりが根本的に解決するまで、「絶対にレバーハンドルを回すのは避ける」べきでしょう。トイレつまりの原因は、一度に大量に流してしまったトイレットペーパーや汚物、子供のおもちゃやハンカチなどの異物などです。

つまりの原因が、トイレットペーパーなどの水溶性のものであればラバーカップが役に立ちますが、何がつまっているのかが不明な場合には、汚水漏れなど、これ以上被害を大きくさせないためにも、水道修理業者に依頼する事を検討されるのもよいでしょう。

トイレの排水管の詰まりはいつ起こるかわかりませんので、インターネットで24時間対応の水道業者を見つけておかれると便利です。

トイレの排水管が詰まって困った場合は

必要以上にトイレットペーパーを流したり、トイレットペーパーを排水管に流してしまったなど、原因が過剰にトイレットペーパーを流したというものであれば、それを分解させれば排水管の詰まりは解消されます。

トイレのつまりはよくあるトラブルですので、普段からホームセンターで薬剤を購入して常備しておいたり、対策についての知識をつけておけば、すぐに対応することができます。

集合住宅などで夜にトラブルが発生した場合には、大きな音が出せないため翌日に修理が延期になることもありますが、すぐに対応をお願いするにしても翌日の工事をお願いするとしても、まずは相談の電話を入れておかれるとよいでしょう。

排水管の詰まりは子供のいたずらで起きる場合もあります。そのようなことが考えられる場合には、何を流したのか怒らずに子供の話を聞いてあげましょう。場合によっては特殊な薬品が必要な場合がありますので、詰まりが発生したら、できるだけその原因を突き止め、早急に修理業者に状況を相談しておくと、解決がスムーズです。

ぬるま湯を加えて時間を置くなどの方法で、詰まりが解消されない場合には、ほかに原因があるのかもしれません。長時間トイレが使用できないとなると非常に不便ですので、ある程度待って無理な場合は専門業者に修理を依頼されることをおすすめいたします。

また、定期的に排水管の掃除をしておくと異臭の他に詰まりの発生などを抑える事ができますので、定期的に排水管洗浄などのメンテナンスをされておくと安心ですね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978