ウォシュレットが水漏れしたら…

昔のトイレは洋式も和式も、そこまで難しい構造ではなく、水漏れする箇所は決まっていました。そのため、ある程度の給水と排水の知識があれば、水漏れを修理したり応急処置をすることもできました。

しかし、ウォシュレット(温水洗浄便座・シャワートイレ)になってからは、部品点数も一気に増え、トイレ設備というより、トイレ電化製品というくらいに機能も多様化しています。そのため、水漏れの箇所や原因も複雑になっているのが現状です。

例えば、ウォシュレットでよく水漏れする場所は、お尻を洗うノズルの水漏れです。この水漏れの原因は、バルブユニットの交換が必要です。しかし、このバルブユニットは、ウォシュレット本体を分解していく必要があり、メーカーも推奨していません。

そのため、部品も水道業者に取り寄せてもらわないと手に入らず、簡単に修理できるものではありません。また、操作パネル付近からの水漏れの場合にも、給水ホースなどからの水漏れで、パッキン交換で直る程度であれば問題ありませんが、電気系統の故障が絡んでいると、とてもDIYで直せるものではありません。

特にウォシュレットのような、複雑な電化製品ともなると、1つの部品が経年劣化によって水漏れを起こすということは、その他の部品がいつ壊れてもおかしくありません。そう考えると、壊れたところを都度修理して使うよりも、新品に交換するほうが安心できるだけでなく、結果的には手間もお金もかからないことが多いのです。

意外と簡単なウォシュレットの取り付け

現在の便器の様式や形状にもよりますが、新たにウォシュレット(温水洗浄便座)を取り付ける環境が整っていない状態であれば、専門業者に配管などを依頼するのが安心かもしれません。

しかし現在、既にウォシュレットを使用しているけど、故障したり古くなったためウォシュレットを交換して取り付けたい場合、ご自身で水道の蛇口交換等の経験がある人なら、専門業者に依頼する事なく意外と簡単に取り付ける事が可能です。

もちろん、作業前に水道の止水栓を閉めて、給水ホースを交換するときに水が吹き出さないようにしたり、ネジや取り付け金具などを便器の中に落とさない等、細心の注意を払う必要はあります。

しかし、同梱されている取り付け説明書に詳しい取り付け方も載っていますので、書かれている手順に従い慎重に進めていけば、それほど時間を掛けずに取り付けることが可能です。

必要な工具は、六角レンチやモンキーレンチ(ナットの形状によってはプライヤー)、ペンチなどがあれば大丈夫ですが、ウォシュレット取り付けの際の注意点を、いくつかお教えしておきます。水を扱いますので、床が汚れたり濡れたりしないようにビニールシートなどを敷いて作業を行ってください。

また、水道の止水栓を閉めた後、本当に水が止まっているかお風呂場の蛇口を開けてみるなどして確認してください。準備が出来たら、ウォシュレットの取り外しです。ウォシュレットが瞬間式ではなく貯湯式の場合には、内蔵されている温水タンクの水が溢れる可能性がありますので、バケツや雑巾などを用意しておくようにします。

ウォシュレットの取り付け説明書に従って、取り付けが終了した後は、アースをしっかりと取ることも大切です。取り付けにかかる時間は、30分〜1時間見ておけば安心ですので、一度チャレンジしてみられてもいいかもしれません。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978