洋式トイレにおきる詰まりの原因と対処法

洋式トイレは和式トイレと違い、便を水溜りの中に落としてから流すため、和式トイレよりも詰まりにくい構造となっています。しかし使い方によっては、詰まってしまう場合もあります。

よくある原因として、トイレットペーパーが無くなった場合などに、トイレットペーパー以外のもの、例えばティッシュペーパーなどを使った場合です。トイレットペーパーはトイレ専用の紙として作られていますので、とても水に溶けやすくなっています。そのため、一度に大量の紙を流さなければ、詰まることはありません。

しかし、ティッシュペーパーなど、トイレで使用することを想定していない紙を流した場合、これらは水に溶けやすく加工されていないため、トイレ詰まりの原因となってしまいます。但しこれらは、「水に溶けにくい」だけで「水に溶けないもの」ではありませんので、詰まった状態でしばらく置いておくと水に溶けて流れることも少なくありません。

1時間程度置いたあと、バケツなどを使い水を少しずつ流し、詰まりが解消されたことを確認してから、再度レバーを回してロータンクから水を流します。この時、バケツなどを使わずに、いきなり水を流すと、詰まりが解消されておらず、便器から汚水が溢れてくる危険性がありますので注意してください。

また、洋式トイレの詰まりの原因として、もうひとつ考えられるのが、何かの原因で本来の流れる水の量よりも少ない事です。押し流す水圧が不足していると見た目は何もないかもしれませんが、便器の奥に詰まりの原因、例えば尿石などが蓄積して詰まっている場合があります。

洋式トイレの詰まりには、専用の吸引ラバーカップがあります。これはホームセンターなどで手軽に買えますので、少しぐらいの詰まりなら、これですぐに元通りになりますので安心してください。それでも詰まりが取れない場合には、出張修理サービスを呼ばれることをおすすめいたします。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978