水洗トイレの詰まりを引き起こす2つの要因

水洗トイレの詰まりは「流すもの」と「水量」、この2つのどちらか一方か、または両方が原因となっています。それぞれを解決策と一緒に見てみましょう。

1つ目の「流すもの」が原因となっている場合、固い便や大きい便、大量のトイレットペーパーや水に溶けにくいティッシュペーパーが物理的な壁となり水洗トイレの詰まりを引き起こしている事が多くあります。

このように詰まっているものが水に溶けるものであることがわかっている場合は、1時間程度放置しておくだけで解決する可能性が高いです。時間を置くことで便器に詰まっている便やペーバー類が水に溶けていき流れるようになるのです。

さらに、溶けやすくするのにお湯を使う方法もあります。沸騰させたお湯を同量の水と混ぜて50℃程度にするか、給湯器で50℃程度にして用意したお湯を便器に注ぐことで、水よりも早く便やペーパー類が溶けることが期待されます。

それでも詰まりが解消されないという場合には、ラバーカップを使用すると良いでしょう。次に2つ目の「水量」が原因となっている場合、何らかの節水対策により汚物を押し流すだけの水圧が足らず水洗トイレの詰まりを引き起こしている事が多くあります。

トイレの水は家で使う水の4分の1を占めているのですから、節水したい気持ちはわかります。ですが、ロータンクの中にペットボトルヤレンがを入れたり、ロータンク内の浮玉を下げてみたり、市販の節水グッズを買ったり、小のときは流さない(または数回まとめて流す)など、流す水量を減らした場合、汚物やペーバーを押し流す水圧が足りなくなるだけでなく、尿石が配管内にこびりついて水洗トイレの詰まりを引き起こす危険性もあります。

トイレのロータンクは、尿や便を流すのに必要十分な水を溜めて流すように設計されていますので、その水の量を減らしてしまうことは、あまりおすすめできません。

さて、以上を確認しても、水洗トイレの詰まりが解消されないという場合には、賃貸物件の場合には管理会社やオーナーに連絡をし相談をするようにしましょう。賃貸物件ではないという場合には、専門の出張修理サービスに修理を依頼するようにしましょう。

ロータンクのフタを開けて中の部品をチェック

家の中のどこで水漏れいが起こっても困りますが、水洗トイレでの水漏れは特に困ります。水洗トイレの水漏れが見つかった場合には、慌てずに止水栓を閉めて、被害が広がるのを防ぎましょう。

止水栓を止めた後は、よく観察して水漏れを起こしてる場所を探します。水洗トイレの水漏れで一番多いのは、ロータンクの中の部品の故障です。狭いロータンクの中には、さまざまな部品が所狭しと入っていますから、ひっかかったり、ずれたりするだけでも機能しなくなることがあります。

一度、ロータンクのフタを持ち上げて外して中を見てみましょう。手洗管が付いているタイプのフタはホースがつながっていますので、ホースを抜いてからフタを外します。フタは意外と重たいので、落とさないように注意してください。

中を覗いてみて、浮玉が何かに引っ掛かったり、排水弁の上にあるゴムフロートを引っ張っている鎖が切れたり引っ張られたりしていませんか?またゴムフロートが排水弁からずれていたり、異物が挟まっていたりして、閉まっていない場合もありますので見てみましょう。

このような場合は、自分引っ掛かったりを直したり、異物を取り除いたりするだけで直る場合もあります。浮玉やゴムフロート、鎖などに異常がない場合は、本格的に故障している部品を見つけて取り寄せて交換する必要がありますので、出張修理サービスへ依頼するほうがいいかもしれません。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978