DIYでトイレの便器を交換するときの注意点

トイレの便器本体が腐食してくることはありませんが、タンク内部の部品の劣化や、給排水パッキンなども劣化してきますので、水漏れなどの不具合を起こす前に交換しておくのがよいでしょう。

今はホームセンターやインターネットを使って、便器とタンクのユニットで購入が可能です。そのため少し器用な人であれば、家のトイレの便器くらい自分で変えてみようと思われるかもしれません。特にDIY好きの人であれば、なおさらでしょう。

工具は、各種ドライバーの他、モンキーレンチやプライヤー、メジャーなどDIYの工具をお持ちであれば、道具箱に入っている道具の他、水道用のシールテープと排水管の切断に使う塩ビ(塩化ビニール)用ノコギリ、そして塩ビボンドくらいで必要な工具もそれほど珍しいものはありません。

便器交換の作業自体も、水道の修理など水周りの経験があれば、そこまで難しいものでもありません。便器とタンクのユニットをセットで購入すると、取り付けの説明書が入っていますので、説明書を熟読し、手を抜かずにその通りに作業すれば大丈夫です。

しかし、現在のトイレの状態が説明書通りでない場合もあります。例えば、便器と排水管を接続する部分には「フランジ」と呼ばれる接続部品を使いますが、これがフランジ以外の部品(ソケットなど)で接続されている場合などは、接続アダプターが別途必要になってきます。

また、そのフランジ自体が割れていたり、排水管と接着されていたりすると、インローターなど特殊な工具が必要となってきます。このフランジ部分をいい加減に施工していると、トイレを流した汚水が漏れてしまいます。

トイレの便器が水漏れしないように交換したのに、新品の便器のフランジから汚水が流れてきたのでは、何のための交換か判らなくなってしまいます。そのため、説明書通りに行かない状態になってきたら、プロの業者に連絡するのが懸命といえるでしょう。

トイレタンクのみの交換は可能?

トイレのトラブルと言ってもさまざまです。トイレの水を流したまま止まらなかったり、逆に水を流そうと思っても流れなかったりする場合は、「トイレタンク内の部品」に原因があるトラブルだと考えられます。

特に便座には不満がない場合には「トイレタンクだけ交換できないものだろうか」と思う人もいますが、基本トイレは、便座とタンクはセットで設計されていますので、タンクだけのバラ売りはしていません。

どうしても費用を抑えたいなどの理由で、便座をセットで交換したくない場合には、トイレタンクの中の部品のみ交換するか、どこかから中古でトイレタンクのみを探してくることになりますが、現実問題として、後者はあまり期待できません。

トイレタンク内の部品を交換していく場合には、どのような症状かによって、交換する部品が変わります。例えば、水が止まらない場合には、フロート弁まわりのゴムや、ボールタップ内のパッキン、オーバーフロー管などが不具合の原因となっている可能性が高いですので、原因を特定して交換することになります。

逆に、水が流れない場合には、フロート弁を上げ下げしている鎖や、ボールタップ内のピストンバルブなどが不具合の原因となっている可能性がありますので、交換を検討することになるでしょう。

まずは、症状からどの部品に原因があるかを突き止め、メーカーから部品を取り寄せ交換することで、便器を替えることなく「トイレタンクの中身だけを交換する」ことが可能になります。DIYが得意な方ならば挑戦してみられてもよいかもしれませんね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978