ウォシュレットの取り付け 自分でDIY

ウォシュレットが故障した際、修理や交換、取り付け作業などを業者に依頼すれば費用がかかりますが、「DIY =Do It Yourself 」 自分で作業をすると費用はかなり節約できます。

日曜大工が好きなお父さんでなくても、それほど難しい物ではありません。ドライバー、ウォータープライヤー及びモンキーレンチなどの工具があれば交換作業は可能です。ウォシュレット部品を購入される際に、付属で工具がついているものもありますので、ご心配であればそのようなものを探してみるものよいでしょう。

作業の進め方ですが、まずはドライバーを使って既存の便座を取り外します。続いて、止水栓を閉めます。止水栓はマイナスドライバーやハンドルで回すものなどがあります。既存の給水管を外し、給水管に分岐金具を取り付けトイレ用とウォシュレット用に水の流れを分岐します。

その後、新しいウォシュレットを取り付けていきます。便座を固定するためのベースプレートという部品を付け、便座を添え付けましょう。細部を組立て、最後に電源を差し込んでアース線を取り付ければ完成となります。

急いで説明しましたが、大事な点は漏水をしないようにすることです。原因は給水栓の作業でナットの締め忘れや、パッキンの入れ忘れがほとんどです。ポイントを押さえれば、取り付けはDIYでも可能です。

ウォシュレットを比較し、毎日のトイレに安らぎと便利さを

商業施設やオフィスなど、トイレにはウォシュレットが完備されていることが普通になりました。家庭でもウォシュレットの普及率は上昇し続けており、全国平均では75%ほどになっています。

初期投資のお金はかかりますが、トイレットペーパーの使用量を格段に減らすことができ、長期的に見るとお得になる場合がほとんどのようですね。

不特定多数が利用するトイレに設置されているウォシュレットは、必要最低限の機能と女性用の音姫に代表される擬音機能だけを付けています。これはメカニズムを極力シンプルにすることで故障を少なくする目的があります。

最近のウォシュレットの特徴として、お尻を洗う以上の価値を出すことをコンセプトにしていることがあります。ノズルから出る水流も細かい強弱が調整できる機種がありますし、水流によるマッサージが行える機種もあります。

さらに触媒を用いて便器の除菌を行い、脱臭ができる機種も開発されています。便をしたあとは臭いが気になるものですが、お尻の洗浄をする間に脱臭が行えるというものです。

ウォシュレットの購入を考えておられる方は、個々のメーカーの機能を比較したいところですが、試しに使ってみることが難しい商品であり、カタログスペックを中心に判断することになります。もしもよくわからない場合は、「全国出張修理サービス24」にお電話でご相談いただければ、ご希望に合わせた商品をご提案することも可能です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978