トイレの床から水漏れしていると思った場合の原因と対処法

トイレの床から水漏れしていると思っても、実はロータンクや給水管の接続部、ウォシュレットの貯湯タンクなどから漏れた水が床を濡らしているだけの場合があります。

このような場合には、水漏れ箇所によって、パッキンを交換したり、ウォシュレット本体を修理・交換することで床の水漏れはなくなります。しかし上から水が落ちている訳ではないのに、トイレの床から水漏れしている場合もあります。

この場合の特徴は、水漏れしている水に臭いがあります。何故ならロータンク周りやウォシュレットからの水漏れは、綺麗な水が漏れていますが、トイレの床から水漏れしているのは便や尿を流した汚水だからです。

汚水が流れ出る原因は、便器と排水管を接続している「フランジ」という部品に付ける、粘土状のパッキン(フランジパテ・フランジパッキン・Pシールガスケット)が経年により劣化してくることで、それによりトイレを流す度にパッキンの隙間から汚水が流れ出してくるのです。

トイレの床から水漏れしているのを防ぐため、便器と床の間に、シリコン系コーキング剤などを打ち水を止めようとする人もいますが、これは汚水を床下へ閉じ込めるだけですので、悪臭が漂うだけでなく、汚水で床材や下地まで腐らせてしまうことになりますので絶対にやめましょう。

フランジのパッキンを交換・修理するのは、便器を交換する作業と全く変わりませんので、便器の交換をしたことがある人なら、難なく交換できるでしょう。しかし、稀にパッキンではなく便器自体が割れて汚水が漏れている場合もあります。

このような可能性を考えれば、使用年数にもよりますが便器自体の交換も併せて検討してもいいかもしれませんね。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978