トイレタンクからの水漏れの原因と修理のポイント

トイレタンクの水漏れを修理する時に確認しておくべき2つの事

トイレの水を流すトイレタンク(ロータンク)の水漏れは、トイレタンクの外側(パイプなど)で起きている場合と、トイレタンクの内側が原因で水漏れしている場合の2種類があり、それぞれで修理の方法が変わってきます。

まず「トイレタンクの外側の水漏れ」の場合には、目で見て確認できます。例えば、トイレタンクに水を送っている細い管(給水管)の接続部分や、トイレタンクから便器へ水を送っている太い管(トイレタンクを便座にのせる密結タイプの場合、この管はありません)の接続部分からポタポタと水が漏れている場合です。

この場合は、モンキーレンチなどの工具を利用して接続部を緩め、中に入っているパッキンを交換することで水漏れを修理することができます。

次に「トイレタンクの内側の水漏れ」の場合には、トイレタンクのフタを外して中を確認しましょう。水に浮かせた風船「浮玉」や、レバーを回した時に引っ張られる「鎖」、そしてその鎖の先に付いていて流れる水の弁になっている「フロートバルブ」など、トイレタンクの中には沢山の部品があります。

これらの部品を軽く手で触ってみて、引っ掛かったり、絡まったりしている箇所がないか確認してみてください。修理が必要だと思ってトイレタンクを開けても、実は部品同士が引っ掛かかりを直すだけで、水漏れが止まってしまうことも珍しくありません。

さて、ここでトレイタンクの水漏れ修理する際の注意点を1つお伝えしておきます。トイレタンクの水漏れを修理する場合には、必ず止水栓を閉めてから修理を行ってください。

トイレタンクとタンクの排水パイプの接続部分からの水漏れもチェック

トイレタンクからの水漏れを修理するには、トイレタンクのどの部分から水が漏れているかを確認する必要があります。まず確認して欲しいのは、トイレタンクから便器への排水パイプがあるかどうかです。密着型の場合は便器とタンクが直接つながっていますので、この排水パイプはありません。

排水パイプがあるタイプのトイレタンクの場合、一番水漏れが多いのは「トイレタンクとタンクの排水パイプの接続部分」からの水漏れです。この部分から水漏れしている場合には接続部分のパッキンを交換していきます。

修理に入る前に止水栓を止めてからトイレタンクのレバーを回し、トイレタンク内の水を全て流しておいてください。排水パイプはモンキーレンチなどを使って緩めていきます。配管が外れたら新しいパッキンに交換していきますが、この時プラスチック製のワッシャーが割れていれば一緒に交換するようにしましょう。

パッキンの交換が終われば配管を元に戻して修理は完了です。止水栓を開けて水漏れを確認してください。しかし、排水パイプが無い密着型のトイレタンクでの水漏れの場合は、トイレタンク内での水漏れでしょう。

症状としては、トイレに流した水が止まらないというものです。この場合は、原因を切り分けるために「止水栓」を閉めてみましょう。止水栓を閉めてもトイレタンクから流れる水が止まらない場合には、ゴムフロートが排水弁から外れていないかを、まず確認してください。

外れていない場合は、排水弁やゴムフロートが破損したり劣化してきている可能性がありますので、それぞれを交換する必要があります。止水栓を閉めてトイレタンクから流れる水が止まった場合には、浮玉が何かに引っ掛かっていないかを、まず確認してください。

引っ掛かっていない場合は、ボールタップ弁やボールタップパッキンを取り替えるか、ボールタップを本体ごと取り替えることで修理できます。このようにトイレタンクの水漏れ修理といっても、水漏れしている箇所によって修理方法が変わってきますので、まず「どこから水漏れしているか」を確認してから修理を始められるとよいでしょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978