賃貸アパートでトレイの水漏れが発生したときの対応マニュアル

賃貸アパートに住んでいて、トイレの水漏れが起こってしまったら、自分で修理したり、自分で出張修理サービスを呼んだりするよりもまず、管理会社やオーナー(大家さん)に連絡を取るようにしましょう。

管理会社やオーナーの連絡先は、賃貸契約書や入居時に渡される書類などを見れば記載されているはずです。電話したからといって、怒られることはありませんので、怖がることはありません。

「○○アパート○○号室のトイレの水漏れを止めてほしいのですが」と言えば、話しを聞いてくれます。賃貸アパートの場合、トイレの水漏れは借りている人のお金ではなく、持ち主であるオーナーのお金で修理するものです。

下手に「良かれ」と思って自分で修理しようとして失敗して、かえって悪くなってしまった場合には、借りている人が責任を取る必要が出てきてしまいます。そのため、自分で何とかしようとするのはやめましょう。

しかし、夜間などで管理会社やオーナーに連絡が付かない場合で、緊急を要するトイレの水漏れの場合は、24時間対応してくれる「水道の出張修理サービス」に直接電話して来てもらいましょう。

その際には、必ず出張修理サービスの人に「水漏れの原因」を書類にして残してもらいます。この原因が、部品の劣化であれば修理に掛かったお金を、後日管理会社やオーナーに請求することができます。

ただし、アパートにおけるトイレの水漏れの原因が、あなたの使い方によるものや、意図的に壊した(腹が立って蹴ったなど)であれば、管理会社やオーナーに請求する事はできず、自己負担になるものと思っておいた方がよいでしょう。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978